2016年8月25日 (木)

とばっちり

2日間で2勝でも、準優勝!

6年高槻サマーカップ

組み合わせの運の良さ、PKを勝ちきる力

それを使うのは今じゃないんだが・・・

全日2次リーグは地獄です。
それは1次リーグ組み合わせから分かってた事。
ほぼ予想通りのチームが勝ち上がり、カップ戦公式戦で負け続けてる相手ばかり。

1位リーグなので、8戦全敗でもトーナメントには進めます。
その為に1次リーグの1位に拘りました。
その2戦に向けて、2次リーグ、カップ戦、交流戦、練習、全てを無駄にしない様に。


昨晩は4年生を迎えに行きました。
川岸公園に着いてから、ある1人の選手が
「運転してくれてありがとうございました」
と、言いに来ました。

でもね、俺は、あなたがお兄ちゃんと同じ様に試合中走ってくれる選手になってくれたらもっと嬉しいです。
6年海翔はよく走る、そこだけはずっと誉めてる。そこだけは。

ついでに、優次郎もそこは見習いましょう。
ついでに、虎太郎もそこは見習いましょう。

キリがないからここで止めときます。


http://instagram.com/mi.masuoka

NPO法人吹田南FC 増岡

2016年8月24日 (水)

独り言

週中の感想です。ようやく夏休み前の日常に近くなって来た。
保護者コーチで平日も仕事の都合をつけてよく帯同してもらっている
岸本コーチが「サッカーコーチの夏休みは地獄ですね。」ってつぶやいた。
本当に暑い夏休みでした。保護者コーチのみなさんも含め、多くの方の
ご理解、ご協力で夏休みの多くの活動、試合を乗り切り選手に多くの
機会を与える事ができました。ありがとうございます。
選手はたくましく成長したでしょうか?実りの秋がもうすぐです。

火曜日はAM5年ライオンズクラブ杯・PM・JY交流戦を行いました。

1472016572040


暑い。とはいえ天然芝会場は人工芝やクレーの会場に比べると快適です。
JYは中1はRESCに2敗・中2はRESCに2勝。中1は負けたけど、今持ってる力は出していた
と思います。ハードワークしてました。中2も拮抗ゲームを競り勝ったのは評価でき
ます。来年のアドバンスリーグに向けて鍛えるよ~。

この前のブログのアクセスは1903件だった。満田が長野の様子を書いたものです。
最近はブログのアクセスの平均は900くらいで何かを書いた時は1200くらい行きます。
コツコツでブログを観てくれる方も増えました。そういう効果も会員数の増加と
リンクしてると思う。ありがたい事です。これからもコツコツを続けます。
ちなみに過去最高は俺の1930件です。2000件突破を目指します。
お笑いでは盛りますが、サッカーでは盛りません。おもろいエピソード見つける
センサーの感度をあげます。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

雨天中止のお知らせ

3年生のみなさま

本日、8月24日の南吹田下水の3年スクールは
雨天中止です。急な雨で連絡が遅くなりすみません。
週1回コースの方は他曜日に振替してください。
グランドにはコーチが中止を伝える為に待機しています。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2016年8月22日 (月)

長野遠征一日目

長野遠征一日目 長野遠征一日目 長野遠征一日目 長野遠征一日目 朝早くから出発したのにみんなバスでは元気よく起きてました!
早く着いたので吹田南通しで試合したりしっかりアップができ試合も一日目は交流戦でしたが、試合にも勝ちました!
特に今日はプレーではれん、まなとの成長がとてもみれてとても嬉しく思えました。
サッカー以外の面ではわく、ゆうまが特によくて自分からチームの荷物を持ち、タンクに水入れなど積極的にやってくれたり、指示したりとあいさつも皆しっかりしていておどろきました!
毎回口うるさく言ってるかいがあったなととても感じた一日目でした!

独り言

週末の感想です。土曜日は河川敷を10時間会場提供をして、5時間でU15リーグ
後半5時間でU13リーグでした。選手やチームは入れ替わるが、ずっと酷暑の
河川敷にいるのは相当の覚悟と準備が必要。安原コーチもいたので、まだまし
だった。アドバンスリーグは残念ながら0-2で負けてしましいました。
これで、3部優勝して2部昇格の目標はほぼ可能性がなくなりました。
選手はそこに達するくらいの力を持った選手がそろっていましたが、最終節
までも待たずに可能性がなくなったのは私の力不足です。期待をうらぎり
申し訳なく思っています。現在の4期生が2部への初チャレンジでした。
1期生は4部から3部昇格しました。2期生は必死の3部残留の戦いだった。
3期生はずっと3部の中位に滞留・4期生が3部の上位争いをする力をもって昇格に
挑みました。感じた事は多々ありますが、夏休みの3年生の夏期講習で活動に参加
できない選手やコンディションがそろわず酷暑の試合で走れないのが目についた。
相手より走れていない。それでも3部に残るだけなら何とかなる。夏でも走れないと
2部昇格はできないし、仮にできても2部で全敗の勢いの惨敗をするな。と思った。

特筆すべきはアユムの成長です。最近の伸びと取り組む姿勢を買って、スタメン
にしました。最初のゲームプランでは半分で交代しようと思っていましたが
期待以上に良く、チームに大きな貢献をしていたので代えれませんでした。
高校で花開け。うれしい誤算でした。

5期生でまた2部昇格にチャレンジしたいと思います。「参った」って
言わんかったら負けてない。「決して参りません。」鍛えるよ~。

14時~19時はU13リーグです。パシオーレ箕面とのゲーム。2-1で競り勝ちました。
トウゴが良くなってる。サイドの役割の理解が高まったのと、求められる役割の
中で自分の個性を出しています。タイシはハートが強い。球際で逃げない。
トモヤはいつも、誰よりも声を出しています。

日曜日はAM・U13リーグに帯同しました。茨木西中に2-1勝利。これであとの結果
が悪くても3部残留はほぼ見えました。U13リーグの目標は3部残留です。
前半はとても上手くボールを運び、何度も相手を崩しました。後半は失点して
2-1になって、とてもバタつき、あたふたしながらも逃げきりました。
目の前の事だけ観てるから余裕がありません。この時間帯・この点差で何を
すべきか?リーグ戦文化から学んでほしい。きっと海外のU13の選手はあの2-1に
なった瞬間にあんなにバタつかない・・・。日本のウィークでもあると思う。

PMは土・日と2日間の高槻サマーフェスティバルを観に行きました。6年生が
2日間参加していて、初日は1位リーグに上がったと聞いていました。1位リーグで
西宮SSに引き分け・高槻桜台に勝って、1勝1分ながらも得失点差で決勝に進み
ました。最後の決勝前に合流。相手は塚原サンクラブ。この数年内に大阪の
トップになる可能性の高いクラブです。相手が力が上なのは承知で向かい
ましたが、0-5の惨敗。今の力です。でも36チームの大会で準優勝は立派です。
いくつかの力が自分達より上のチームのよりも良い成績を残せたのは全員が
持ってる力を発揮した。という事だと思います。
反省点はスタッフで共有して、練習にフィードバックしたいと思います。
ガンバ大阪も参加していて、監督の足高さんとの立ち話で「吹田南の子は
みんな気持ちよく挨拶してくれましたよ。」って褒めてくれてました。
ある意味試合に勝つより大切な事だと思っています。決勝前に会場を回って
役員のみなさんに、来年もよろしくお願いします。と約束してきました。
今年は例年参加の1チームが欠員が出て、大会に入れてもらいました。
このまま、「あれ?いつのまにか?」って作戦。

1471828012967

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2016年8月19日 (金)

独り言

週中の感想です。
16・17日は1泊2日で「コカ・コーラウエスト サンフレッチェSummerカップ U-12」
に広島遠征に帯同しました。昨年初めて参加させてもらいましたが、350Kmの運転も
2回目になるとちょっと慣れて来た。何事も経験値が限界を向上させるな。と思った。
全国からいろんなチームが来ましたが、1人運転・1人引率・帯同1人はうちだけだった。
サンフレッチェの若いコーチが気を使って、うちの割り当て審判を全てやってくれました。
「いいでやるで。」「やらせてください。」「それやったら、審判代わるより大阪までの
運転を代わってほしいわ。」「すみません。それは勘弁してください。審判はいくらでも
やります。」「しゃーない。審判だけでいいわ。」「ありがとうございます。」
若手コーチにトークの駆け引きの初歩を教えながら、手下にして来ました。
6年生はしっかりしています。自分達でいろんな事ができます。それぞれに役割を
与えれば責任感をもって取り組みます。それも経験値でその選手の限界を向上させます。
オフザピッチであまり指導する事はなかった。

1471552228285


1日目・レノファ山口0-3負け・廿日市FCジュニア0-3負け・サンフレッチェ広島ビンゴ3-1勝ち
1勝2敗でグループ3位・翌日の3位トーナメントへ。
レノファ・廿日市はボールの動かし方が上手かった。連動がたくさんあった。スペースを
作り、そこに他の選手が入ってくる。ゴールを守るからの逆算で、マークを受け渡す、
縦ズレ・横ズレをして、ボールにアタックする事が上手くできずに、何度もピンチを
迎えました。1試合目の後にミーティングをして、2試合目は少し改善。
いかに試合中に近くの選手とコミュニケーションをとっているか?ボールが来る前に
周囲を観て良いポジションをとるか?ボールの移動中にポジションを修正しているか?
チャレンジとカバーを考えているか?とても大切な事です。
今の力ではやられて当然だと思います。この刺激を日常に還元してほしい。

夜は懇親会。指導者の戦いです。1人引率なので選手には夜の勉強の時間・自由時間・
就寝時間・翌日の朝食時間・出発時間を伝え、「俺は懇親会に行く。人に迷惑を
かけるな。どうしても困った事があったらホテルの人に俺に電話してもらえ。」
ホテルの方にもお願いしましたが、翌朝「何も問題なかったですよ」と褒めてもらい
ました。サンフレッチェのアカデミー部長の山出さんとJFAのキッズプロジェクトで
一緒に仕事をさせてもらってる関係で昨年から大会に入れていただきました。
副部長の塩崎さんとは、先日の静岡での障がい者サッカー指導者研修会で同じ
グループになって、指導実践で一緒に上手く行かなったグループでした。
同じ釜の飯を食い、失敗しました。その方が後々良い時がある。次の成功につなげる。
「二郎さん・塩さん」の関係になったので、サンフレッチェにも知り合いも増えてより
つながりが深まりました。静岡の懇親会でも一等賞をとったので、司会の塩さんが、
チーム挨拶の時に「吹田南はトリに置いておきます。」と何度もハードルを上げる中、
トリの挨拶では「ハードルを上げられていますし、目の前に元日本代表の勝矢さんも
眼力強くこっちを観ていますが、今まで期待を裏切った事は一度もありません。
おもしろい事しか言えません。」のつかみからボケて落として感謝も述べて
また一等賞を取りました。(甘い自己評価)。
みなさま、私は協会の仕事でクラブを離れる時も多いですが、その分の人脈と学びを
クラブにそれ以上還元します。夜の懇親会では中国・四国・九州の人間に大阪人と
しては笑いで負けては大阪に帰れません。サッカーの試合では多々負けますが・・・。

さて、2日目。前日指導した守備のコミュニケーション・ボールが来る前の準備・
ボールの移動中の予測・修正に大きな進歩を感じました。特にカイトが素晴らしかった。
1日であんなに変化(進歩)する子は珍しい。別人になったように活躍したし、伝えた事
に取り組みました。ヒロムは試合中にパンツを上げ過ぎです。ゴムが緩いのか・・・。
ユウジロウは1日目「コーチ頭が痛いです。」「だから何やねん。」「・・・」
「頭が痛いので次のゲームは休ませてください。」「最初からそう言え。次から理由と
だからどうしたいか言え。」あえて愛のムチです。2日目はレベルアップした会話が
できるようになっていました。シキが守備を理解していない事が解った。
向上させないといけません。ハルはキャプテンに指名し責任感をもって働いてました。
アズマはやっぱりゴールの感覚がある。前で使う方がいいようも感じます。
ケンタロウはスピードとセンスで何度も抜け出すのですが、テクニックが不足して
自滅しています。テクニックの向上が必要です。ケイゴはユーティリティです。
どこをやっても、いつやってもレベルを維持します。カズはお母さんが好きすぎです。
コウセイはオフザピッチの事で2回雷を落としました。2回目の雷後は姿勢がかわりました。
プレーも俺のイメージよりは元気のないプレーだった。リュウセイはシュートストップは
良いけど、GKの役割は他にも多く、その中でコーチングとディストリビューションの向上
が必要です。ハクは守備で何度もするどいアタックをしていました。守備の理解が高いな。
と感じました。ソルは相変わらず、試合で力を発揮するタイプです。普段はフニャフニャ
です。ベースのテクニックの不足を向上させればもっと活躍できる。

2日目は準決勝コスモ東広島に1-1PK勝ち・決勝でウェストジュニアに5-4勝ち。
3位トーナメントで優勝・16チームで9位です。2日目も拮抗した強い相手に恵まれ
ました。競り勝てたのは1日目からの積み上げ分だと思います。全体の優勝は
セレッソ大阪でした。

1471552206664


保護者のみなさま、遠征費の負担ありがとうございました。
費用以上の成長でお返ししたいと思います。また応援に来ていただいた方、差し入れ
をいただいた方もいました。ありがとうございます。選手は感謝とお土産話をした
でしょうか?できなかった選手は私に教えてもらえれば、愛のムチを解りやすい
形で伝えますので、お知らせください。

木曜日はAM・JYの試合に帯同しました。吹田東高校の1年生と試合をさせてもらいました。
近隣の公立高校で、今はそれほど強豪ではありませんが、強豪を目指して取り組んで
いる学校です。OFF明けでナイター練習から週末の暑い日中の試合を迎えるより、1日
日中の試合を経験できたのは良かった。中3のコンディションはちょっとばらついてた。
OFFに自覚を持って準備していたか?それも含めて私の指導・クラブの日常の意識向上
だと思います。「本気で日常を変える」コツコツ以外の近道はありません。
言い続けて、向き合い続けたいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


2016年8月15日 (月)

独り言

お盆休みの感想です。
家族で1泊旅行・その後、妻の実家帰省と、普段はなかなかできない家族サービス
をしました。家族の日常の理解があって、仕事に打ち込めます。感謝です。
滋賀に12・13日に1泊旅行をしました。13日に京都の太陽が丘で国体の
近畿ブロック予選があり、11時KOの大阪選抜U16vs奈良選抜U16の試合の
視察に行きました。ユースダイレクターの仕事です。
家族は朝、平等院で降ろして別行動し、試合後合流予定。

1471241078502


国体少年男子の本大会出場枠は3チーム・近畿2府4県の6チームで予選を行います。
関西U16リーグの結果で大阪は1回戦シードで、準決勝は1回戦を和歌山に勝った
奈良。試合は大阪が力の差を出して6-0勝利。
岩手国体の本大会出場権を獲得しました。サブダイレクターとして視察
しましたが、国体の予選の熱を感じる事ができました。
夏の公式戦として、熱中症対策ガイドラインに従い、WGBT数値を図って、前半は
飲水タイムを採用し、後半はクーリングブレイクを採用してた。前後半で変わる事
もあるんや。と思った。U17代表監督の森山さんも視察に来られてましたが、アジア
の予選でもWGBT数値によってクーリングブレイクは採用されてるそうです。
何事も実際に体験しないと解らない事はあります。2種高体連の雰囲気は今まで
関わりの薄い年代だったので、気づきも多いです。大阪の高体連委員長の田内さんに
スタンド見つけられ、「お前が来たら雷が来るから帰れ」と先日の招待ユースつながり
のいじりを受け、「岩手も来るんか?」
「はい、今日勝って出場を決めたら行くつもりです。」
「あほ!負けても来い。それくらいの気持ちで来い。俺は4月にもう宿取ってる。」
「解りました・・。そんなに宿の確保、厳しいんですか?」「今、聞いたるわ。」
その場で関西協会で持ってる宿の中に俺の枠をとってくれました。KO前に大阪の結果
に関わらず、岩手に行く事、宿泊する宿まで決まってしまった・・・。
そういういじりを受けにくい年齢になり、逆に高体連に行くといじられるので、
何か懐かしくうれしい。でも大阪が負けたら・・・・。
スタンドに顔を出した国体少年監督の梶田さん(同じ年・昨年まで岩田FCの監督を
していた、3種で最も実績のある監督の1人です。)に
「わざわざ来たんやから、負けたら坊主や。」と激励したら、
「雷鳴るから帰れ。」と言い返してくる平常心だったので安心しました。
もう一つの準決勝の京都選抜U16vs兵庫選抜U16も興味が湧いてきましたが、
平等院で降ろして「13時過ぎに戻る。」と伝え、余り興味のない観光をしている
家族をないがしろにしては、愛想をつかされます。試合への興味をスタンドに
置いて家族を拾って実家に帰省しました。

試合は京都が勝ち、決勝は大阪が勝ち、3位決定戦は兵庫が勝って、Jクラブのある
3府県が順当に出場権を獲得しました。頑張れ大阪代表。
成年女子と成年男子は出場枠が1でどちらも決勝で負けて出場権を逃しました。
夏休みの残り3分の1。サッカーコーチのみなさま、お体ご自愛ください。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2016年8月11日 (木)

独り言

週中の感想です。
火曜日はSN杯U14・20分H3ゲームで、翌日の順位戦です。
住之江キッズに4-0勝ち・ジュネッスに0-1負け・レオに4-0勝ち
2勝1敗。良い内容だったと思います。リュウヤはスピードを活かして再三
良いカバーを見せていました。キズクはサッカーセンスはいいんだけど軽い
プレーが顔をのぞかせるのが課題です。コウタはボールを運ぶのにかかせない
プレーをします。ハルキとコタロウはマサハルの運動量から学ぶべきです。

1470903307930


夜の懇親会では一等賞をとったと思います。ただ、チェーンの居酒屋はもう飽きてくる。
贅沢かもしれんけど、そこそこ年とったら、あと1000円・2000円高くてもいいから
上手いものと上手い酒で楽しみたい。
2日目の順位戦は25分H。兵庫FCに1-1のPK負け。高知中学校に3-0勝ちでした。
アキヨシは攻撃は良いけど守備意識を高めるのが課題です。セイジはもっと主張
して良いと思う。遠慮せず、何をしたいか伝えよう。ソウタは前日の課題で伝えた
クロスボールへのチャレンジをしていました。フウタは暑さもあってか良いとこなし
だった。次に期待。リョウは不思議なキックをします。その形にそこに蹴れる?と
思いますが、蹴れます。利き足の左はいいけど、右を鍛える事とボールのない時に
考え良いポジションをとるのが課題です。ショウゴは守備で良いアタックを繰り返して
いましたが、攻撃では消極的でした。ヒロマサは自分にできない事をできない。と
認める事が課題です。自信を持って気が強いのはある意味良い事ですが、できない事
を出来てると考えたら成長速度が鈍る・・・。できる事とできない事を正しく理解する
のは難しい。
「分析で大切なのは、過大評価もせず、過小評価もせず、適切に評価する事だ」
byオシムさん。深いなぁ~。とつくづく思う。

イングランドサッカー協会の「発育発達と一貫指導」のコンセプトです。
5-11歳  楽しく、様々な動きづくり、練習を楽しむ
11-14歳  練習を発展させる
14-16歳  競争を理解させる
16-18歳  競争の為のトレーニング
18-20歳  勝利を見出す
20歳以上 勝利の為のトレーニング
すべて  サッカーに関わり続ける

先日の障がい者サッカー指導者研修会の講義の中で、日本と違うと感じるのは
「競争を理解させる」だと思う。と眞藤先生が言ってた。
競争に勝つという事。競争に負けるという事。相手との競争。仲間との競争。
自分との競争・・・・。いろいろ学びがありました。中学年代は身長が20~30cm
伸びます。考え方も思春期・反抗期を経て子どもから大人へ。発育発達を理解して
良い刺激を与え続けたいと思います。

オリンピックがメダルラッシュです。俺なりに感じる分析。この成績にはtotoの売上
からの強化費が大きく貢献していると思う。東京オリンピックに向けての各団体の
盛り上がりもあると思う。スポーツ庁ができた事も大きい。
さらに初代長官が鈴木大地さん。俺はリアルタイムでソウルオリンピックでの
鈴木さんの金メダルのレースを観た。
スポーツ庁の発足・長官人事が日本のスポーツの振興に大きく貢献してると思う。
前の文部科学省の1部局とは違うし、現場を理解していない事務方が長官でも違った
と思う。事務方批判ではありません。事務方もとても重要な役割です。
ただ初代で様々な前例のない事業を行っていくには経験があり、より現場を理解してる
人が良い。
前にキッズチーフインストラクター研修に視察に来たJFAの技術委員会副委員長の
山本正邦さんが、「鈴木とはちょくちょく飲む仲なんだよね。」って話をしてくれて
それなら、小学校体育サポートの普及を伝えてください。と北野さんが熱心にお願い
してた。そんなつながりが突破口になって大きく広がる事がある。

柔道を観ていて日本の躍進の他に感じるのは、
「フランスは柔道大国で前はフランスがすごく強かったのに?」
今回はフランスはあまり勝ってないように感じます。逆にジョージアって国がやたら
勝ち上がってる。ちょっと調べたらグルジアの呼び方変更で、トルコとロシアに挟まれた
国みたい・・・。代表の強化には、グラスルーツの普及・ユース育成・指導者養成・この
3つが必要です。日本のサッカーのさらなる発展にも何かヒントがあるんじゃないかと思う。

今日はたまった事務ワークをさんざん片づけて、何とか明日から休めそうです。
ではまた。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


2016年8月 9日 (火)

大敗でも良いよ

5年網野遠征以降

6年全日1次リーグ1位突破

5年吹田南杯 3位

4年4種リーグ 公式戦未勝利も交流戦で初勝利

5年ライオンズクラブ杯 青白両チーム不戦敗寸前からの2勝

6年コパセンアーノ 優勝

6年センアーノフェスティバル 大惨敗

5年尾張遠征 優勝

4年郡家杯 14位

6年宝塚Jr杯 準優勝

JY2年網野遠征 準優勝


いつとは言わんけど、0-13は堪える
兵庫県代表とはいえ、大阪のあのチームですらボコられてたとはいえ、主力が半分不在とはいえ、5年の主力を足したんだから・・・
次の試合で9点取って満足なのか

俺は負けて怒った事なんか一度もない
どれだけ相手が強くても、ヤルべき事はやらないと
そこから更に強い相手に何が出来るか

目の前のカップ戦の表彰なんかに満足するな!


http://instagram.com/mi.masuoka

NPO法人吹田南FC 増岡

8月6日 茨木サマー

8月6日 茨木サマー 8月6日 茨木サマー 8月6日 茨木サマー 今回は二年生、四年生の茨木サマーカップの試合に行きました。
二年生は主にお父さんコーチの山田コーチに指導をしてもらい、四年生を僕の方が指導しました。
四年生は最近よく練習とか試合とかで一緒なのでいつも口うるさいほど言ってますがオンとオフをしっかり使い分けろ!といつも言ってます。
給水などしたあとに集合したりしたら切り替えができていなく話してる人が多い学年でしたが最近よくなってきたな思ってたらなおとがしゃべってた子を自分からしゃべらないで!と言って注意していていつもより切り替えが早く素晴らしいなと思いました。
生活面、サッカー面全体的にどんどん成長していく四年生たちを見ているのが楽しくて期待してます!!
サッカー面でも最初は言葉が難しい、わからないって子がほとんどでした。
ボールサイドによれよと僕は言ってますが少し言葉が難しかったかもしれませんが今ではほとんどの子が理解していてみんなで常に言い合って意識してます。
四年生は五試合行い4勝1敗で惜しくも1位は逃しましたが、2位になりました!
三年生のおうすけは守備で四年生に貢献してくれて、たくせいは攻撃面で積極的にドリブルで仕掛けたり空いてるスペースにパスをだしたり二人とも大活躍でした!
なおとがプレーでもやってくれました!
守備ではみんなのカバーをして攻撃でもドリブル、パスを選ぶ判断力が素晴らしすぎした!
わくが一番暑い中走っておりパスでチームの攻撃の起点を作ってました!
わとの守備からの攻撃参加、ゆうまのドリブル突破みんなのいい部分が発揮された試合でした!