2015年3月 1日 (日)

雨天中止のお知らせ

おはようございます。
3月1日日曜日の吹田第六小学校での4年生、ジュニアユースのスクールは、雨天中止になりました。
よろしくお願いいたします。

雨天中止のお知らせ

おはようございます。
3月1日日曜日の1年生の福井運動広場での三島スポーツ少年団大会は、雨天中止になりました。
よろしくお願いいたします。

2015年2月26日 (木)

雨天中止のお知らせ

吹田南FCの皆様
お世話になっております。
2月26日木曜日の下水グランドでの2年生、1年生、園児のスクールは雨天中止になりました。
週1回コースの方は、後日振り替えにてご参加ください。
よろしくお願いいたします。

独り言

週中の感想です。

なんといってもライセンスが合格して肩の荷が降りた・・・。でもまた新たなライセンスを取ります。中型免許。吹田南FCで新たな中型車1台車を買います。それで岡山コーチと2人で中型免許取得にかかっています。A級ジェネラルに比べたら簡単やろ。この油断とスキが追試につながるので気を引き締めて臨みます。早速火曜日に自動車学校に行きました。
火曜日の夜は大阪の技術委員会がありました。
今年にU12の府トレセンの海外遠征を企画していたのですが、紆余曲折を経て今年は見送りになりました。U11・12のチーフとしての俺がパワーを掛けきれなかった責任かと思います。来年は実現させたいと思います。

沖縄とライセンスが片付いて、次はキッズコーチ研修の準備かな。そういや日曜日の大阪のトレセンスタッフ研修でも指導実技を担当しますが、今まで数々のプレッシャーを浴びてきたので、これはそれほどプレッシャーに感じなくなった。

吹田南FCのU12の方は、おかげさまで認知もあがっているのか、たくさんの幼児・低学年児童が体験に来てくれています。ありがたい事です。U15のジュニアユースは新中1が5期生です。まだまだ歴史は浅いですが、逆に想いは強いです。一緒に歴史を作り、夢を見て、成長する選手募集です。体験日は2月27日・3月4日・9日。説明会は14日です。お気軽に~

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2015年2月24日 (火)

独り言

週末の感想です。

Cimg3139


Cimg3141

金曜日と土曜日は沖縄に出張しました。沖縄県サッカー協会がグラスルーツフェスティバルを開催するのに、JFAに依頼があって、インストラクターで派遣されました。金曜日に沖縄に入って、前日打合せをユースダイレクターの松田さんとキッズ委員の石井さんと行って、夜は沖縄接待を受けました。写真は沖縄県サッカー協会の看板が尋常じゃなくレトロ?アンティーク?だったので撮影しました。もう一枚はユースダイレクターの松田さんと、ソーメンちゃんぷる・フちゃんぷる・ゴーヤちゃんぷる・泡盛です。九州担当の橋川さんからは沖縄に行ったらフちゃんぷるは、ぜひ食べろ。とアドバイスを受けていましたが、食べたことのない食感で味は最高でした。2件目での発見。沖縄のスナックで沖縄県人が「島人の宝」を歌った時の合の手の入り方、店の一体感は尋常じゃない・・・。
土曜日はAMにJFAのキッズプロジェクト、FIFAグラスルーツのフィロソフィーを伝える講義をして、シミュレーション、本番です。今回は沖縄がトレセンコーチの研修を兼ねて行うのでスタッフは2種・3種・4種の県トレセンコーチでした。気温21度の中、快適にフェスティバルが行われました。沖縄は米軍基地もあるので多くのアメリカ人の子どもも参加していました。「Can you speak Japanese?」「No」こんな会話を5人くらいして、あとは聞くのをやめました。松田さんに聞くと、基地に居て、基地の学校に行ってる子は2・3年か早ければ数か月で他の基地に移動するので日本語を覚える必要がないそうです。15人くらいいたかな。
グラスルーツは全ての人種・宗教に関係なくサッカーを楽しめます。沖縄の技術委員長と専務理事ともお話して、この形式のフェスティバルを気にいってもらったので来年以降も恒例で行う。と約束してくれました。フェス終了後に私の気づきのフィードバックを受講生の方に伝えて、夜に沖縄を出て大阪に戻りました。

日曜日はJYが試験OFF期だったので、久しぶりに6年生の試合に帯同しました。オフザピッチの指導ばかりしていました・・・。コーチに共有しました。プレーではやはりリーダーシップがある選手が少ないです。自分で判断・決断・行動する。自立させる。自分でできる事は自分でさせる。そこから、人を引っ張るリーダーシップも芽生えてくると思います。日常から自分で判断・行動させましょう。失敗も経験です。失敗する前に手助けするのはその子の不幸です。そういう事を繰り返して、人と人のコミュニケーションを「サッカーで学ぶ」を考えて指導しています。そういう経験を繰り返していたら大学に入ってから就職する為の専門学校とか、婚活する為のスクールとかに行く必要なくなると思いますが・・・。今、自分で電話で試合・練習の欠席連絡をできる年齢の子に代わりに親がメールで連絡してくるのが、子どものコミュニケーション能力の発達を妨げていると思います。そういう事を育成年代でやっておいて、社会に出る前に面接の練習を必死でやる。専門学校に行く・・・。「今でしょ」人とたくさん触れあって、コミュニケーションを学ぶ。コミュニケーションって感覚やセンスでしょ。学問的に学ぶことじゃないと思います。言いすぎて失敗して、怒られたり、褒められたり、言葉と体と表情で人と触れ合わせるべきだと思います。メールの文字を代理でやっては経験を積めません。できる事はどんどん子どもに自分でやらせましょう。ぜひ家庭でもご協力お願いします。私も親の立場でできているのかどうか・・・。子どもとともに成長します。

月曜日はA級ジェネラルの追試でした。A級の追試は2回までチャンスがあります。1月か2月に会場・選手・受講メンバー3名以上を手配してインストラクターと調整すれば追試のインストラクターとして来てくれます。それでもダメなら3月に山梨で最終追試を受けて、それでもダメなら次年度に持越しです。私の地元の服部緑地のナイターで行いました。選手は大阪学院高校の選手。メンバーは俺の他は和歌山と鹿児島と長野と東京から集まりました。しっかりやり込んできたつもりですが、緊張感はマックスです。開き直れる気持ちも半分。結果は合格しました。受かったから言えるのもあるとおもいますが、「追試になって良かった。」追試になった事で本当によくサッカーを考えました。こんなに考えた事ない。くらい考えました。そしていろんな所に行って、いろんな所で多くの学びを得て、11月の時よりずっと良いコーチになれた。と思います。でもまだまだです。
尊敬する方が言ってた「サッカーを学べば学ぶほど、自分がサッカーを知らない事に気づかされる。」聞いたときも「なるほど。」と思いましたが、今また腑に落ちる。はっきり言ってA級ジェネラルをなめてたんだと思います。カテゴリー限定だけど同じA級のA級U12を持ってるし、JFAの仕事もしてるし、「まぁ大丈夫やろう。」将来S級にトライしたろ。と思っていました。Aジェネをとって逆にS級は遠のいた。と思います。Aジェネでこんなに大変だったら、Sはどんなんか・・・。もっともっと学ばないと。

選手諸君。できない事。知らない事。不合格になる事。すべて恥ずかしい事ではありません。素直に言えば、手を差し伸べてくれる人はたくさんいます。できないのにできるふりをする。知らないのに知ってるふりをするのが一番恥ずかしいし、損だと思います。オープンマインドで。

今回の追試の準備には多くの方にご協力いただきました。特に安楽さんにはお世話になりました。感謝です。ながらく、のどに魚の骨がささっていたような状態の骨が抜けました。
沖縄もそこそこのプレッシャーだったのでこの5日間くらいの山場を乗り越えました。選手にも良いコーチになるための学びだったとはいえ、クラブを離れる事も多かったと思います。これからしっかり指導します。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2015年2月19日 (木)

独り言

週中の感想です。

Cimg3138


広島の山出さんがビブスを送ってくれました。山出さんはJFAキッズプロジェクトで同じ仕事をさせてもらっています。普段はサンフィレッチェに所属されています。先日のキッズコーチ研修のシミュレーションでうちのクラブに来た時に「上野さんビブスいりますか?うちのクラブのエンブレムがはいっていますけど大丈夫ですか?」と聞いてくれました。広島のサプライヤーがミズノからナイキに変わって、以前のミズノのビブスが使えずに倉庫にある。との事でした。「昔からミズノとサンフィレッチェのファンです。」大阪人って、物がもらえそうだったらマッハで自分の主義主張を変えます。町クラブではビブスも貴重な備品です。ありがたい事です。

JY2期生で高校を専願で受験した子たちが、「○○高校に受かりました。」と、ちらほら報告をくれます。公立をめざしている諸君、もう少し頑張れ。そういやおれも、もうすぐ試験がある。
水曜日は大阪経済大学に指導実践をやりに行きました。15分ゲームを2回やらせてもらって安楽さんにコメントをもらって、また参考になりました。押さえどころの整理はできた。と思います。いつも協力してくれて頭が下がります。こういう恩をまた次の世代に返さないといけない。と思います。

AM・大学に行って、夕方Jrの指導をして、ナイターでJYの指導に行きました。新中1の体験日でした。また新しい体験参加者もありました。これも試験みたいなもんです。俺の指導の魅力・クラブの魅力の評価です。残りの体験日は2月18日・27日・3月4日・9日・説明会は3月14日です。お気軽に~。
ナイター練習終了後に大阪のキッズ委員会(21時30分開始)に大阪サッカー協会に向かいました。
みんなが出席できる日時を調節するとそんな時間の開始です。終了は0時15分・・・。
日本でサッカーを文化にするぞ~。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


2015年2月16日 (月)

独り言

週末の感想です。
金曜日は履正社高校に指導実践に行きました。監督の平野さんは大阪協会の47FAインストラクターで私も同じなので、先日のインストラクター研修で一緒になった時にお願いして快諾してくれました。「じろうが好きなだけいくらやってもいいよ。」ありがたい事です。アップと11対11のゲームをさせてもらいました。ゲームは15分を2回させてもらって、それぞれコメントをもらって、S級を持ってる平野さんが「じゃあ俺がやってみるね」と平野さんのゲーム指導を観せてもらいました。いろいろ学びの多い経験をさせてもらいました。17時からの練習を1時間30分参加させてもらって、19時からのモデル地区TCの指導に移動しました。最後まで練習におつきあいさせてもらえなかったのですが、貴重な練習の場を貸してくれた履正社高校と平野さんに感謝です。

土日はJYのゲームに帯同しました。感じる事は反省です。どうもKOからマックスで力を出し切る。という部分で心技体のバランスが悪い。というか・・・。誰も力を抜こうとは思っていないはずですが、なんか失点してから頑張ったり、得点がとれそうな場面・時間帯に「ゴールを奪う」所までいけなかったりします。淡々とやってる。というか・・・。ゲーム後に走る体力は残っています。「心の炎に火をつける」難しい。
塩梅は永遠の課題です。試合前に「今日は勝つな」「絶対に良いゲームになるな」と感じるアップがあります。そこが「心」です。
「技」ではやはりテクニックにまだまだ向上の余地があります。35M先の狙った所に正確に蹴れるか?プレッシャーをかわしながら、ドリブルしながら、動きながら1タッチパスを正確に出せるか?1タッチで複数の選択肢を持つ置き所にボールを止めれるか?コツコツしかありません。
練習に、よりリアリティを持たせてゲームをイメージしながらやらないと・・・。

コミュニケーションは課題です。ゲーム中にコーチングの声をお互いにかける。確認する声をかける。自分の要求を伝える。味方を励ます。「日常から変えましょう」
「選手はコーチの鏡です。」自分の反省としてとらえます。
「体」では中2は最近走り込みを強化中です。この積み上げはアドバンスリーグで出てくると思う。また3月から18節の長い、胃が痛くなり、感動でき、成長できるリーグが始まります。吹田南JY3期生との旅も最終章の6か月が始まります。「選手諸君、一緒に成長しましょう。」

そんな中、1年生は溌剌としたプレーが見られました。コンヒョン・マナヤ・マナトが良かった。
2年生ではリョウマ・ハルトが良かった。

先日ご紹介した、吹田南FCの大会をスポンサードしていただいている(株)アルドーレさまが次年度もスポンサードを継続してもらえる事になりました。5年目の継続決定です。また4大会で子どもの笑顔が見られます。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »

2015年2月12日 (木)

独り言

週中の感想です。

1423702368764

写真はアルドーレカップの様子です。2月11日に開催しました。大阪府下に5店舗のパチンコホールを展開させる(株)アルドーレさまが吹田南FCの大会スポンサーになってもらって年間4大会の費用をサポートしてもらっています。子どもの笑顔は宝です。ありがとうございます。

水曜日は朝に吹田市スポーツ少年団のオリエンテーションの下見に派遣するOBの森コーチを連れて行きました。本部長に紹介して、本人にしっかり手伝うように指示して別れました。スポーツ少年団は様々な競技が加盟していて、年間に数回競技を超えた活動があります。吹田南FCが参加できる事は少ないのですが、できる限り手伝いたいと思っています。ただ、他スポーツの方には「協力が少ない。」と思われていると思う・・・。

その後、茨木市でやってる5年生大会に向かいました。TomFCさん主催ですが、前週の追手門杯の懇親会に行けなかった(3種のボスの飲み会に出ていました。)ので茨木市のボスに挨拶とお礼を言いに行きました。行ったらちょうどユウヤがゴールを決める場面で、その試合は結局1-0で勝ってた。三角さんにお礼を言って、いろいろお話して1時間ほど会場にいて午後のスクールに戻りました。

午後スクールは通常スクールと別に、キッズコーチ研修のシミュレーションを行いました。
3月にJFA主催で3泊4日で全国の指導者対象にキッズコーチ研修という、低年齢指導のコーチングデモンストレーションと座学を含めて、指導力向上の研修会があります。そこで発信する指導実技のシミュレーションを吹田南の選手で行う事になり、U6が広島の山出さん・U8が石川の北野さん・U10が俺で大阪のモデルコーチ2名にも入ってもらってシミュレーションを行いました。
終了後にうちの事務所ですり合わせを行って、イメージを共有しました。良いシミュレーションになったと思います。

お知らせです。吹田南FCジュニアユース・5期生・新中1対象。体験日は2月9日・18日・27日・3月4日・9日。入会説明会は3月14日です。お気軽にお待ちしています。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2015年2月 9日 (月)

独り言

週末の感想です。
土曜日・日曜日は売れっ子な2日間でした。移動の多い週末でした。
土曜日は河川敷のJYのゲームに帯同しました。FC.HOPEとのゲーム。U13・14ともに1勝1敗。
失点から学ぶ事。チャレンジandカバーの徹底。相手コーナーキックの危機意識。確認する声を出す。得点から学ぶ事。ミドルシュートが得点になったり、そのリバウンドがゴールになってる。
打てるチャンスを逃さず、打つ。シュートのタイミングが「遅い。」と感じる事が多いです。
もうひとつ持って結局打てない。そんなプレーが多いです。
15時に解散して、16時からのJ-GREENでの47FAインストラクター研修に向かいました。47FAインストラクターの仕事です。今回はナショナルトレセンU12のテーマの確認とリフレッシュ研修会のシミュレーションも兼ねる。という事で私が地元の中学生に2時間で6つのTrをして他インストラクターとディスカッションして押さえどころを確認する事になりました。
大阪には20人程のインストラクターがいますが、俺より年下は4人くらいで後は、俺が選手の頃から有名な先生って人達ばかりでそこそこのプレッシャーを受けながら2時間中学生指導をしました。履正社高校の平野監督もインストラクターですが、今度、履正社高校で指導実践させてもらう約束をしました。大きな収穫です。
まぁいろんな場所でいろんな立場で指導実技を見せる機会が多いので、メンタルはかなり鍛えられました。プレッシャーを受けた方が強くなる。観てるよりやった方が力になる。と実感していますので、うちのクラブの5年生くらいから中学生にはプレッシャーをかけ続けています。強度は選手によって調節しているつもりです。ですから、例えばそのプレッシャーを避けるように保護者の方が欠席連絡等を子どもに代わってメールで送ってもらうよりも「子どもに自分で言わせる。自分で電話をかけて伝えさせる。」ようにしていただくと強い大人になる為にプラスになると思います。私は絶対に「なんでや?」「そうじゃないとあかんのか?」とか、あえて聞きます。
いろんな壁にぶつかって乗り越えて強くなります。保護者が事前に先回りして壁を取り除くと壁の乗り越える経験が他の子より少なくなってその成長過程は不の遺産になって大人に積み残す。と思います。たぶん「上野コーチに電話するの緊張する。」って子は多いと思いますが、将来できた方がいいですよね?6年生ならできる事ですよね。いつ始めますか?今でしょ。
18時に終わって、インストラクターの食事会があったのですが、私は「池野会」出席の為、食事会はパス。そちらはそちらで出たいのですが、大御所から誘ってもらっているのでそっち優先。サッカー指導者で3種系の古くから関わってる方は知ってると思いますが、池野先生が誘ってくれる飲み会です。遅れて合流しまた。寝屋川~堺~摂津の移動の土曜日でした。

日曜日は高校開放でFC.アリスタとゲーム。U14は1-2負け。U13は25分4本やって3勝1分。
失点した後に気持ちが受けてその後の10分に失点を重ねてしまう。残りの10分は押し込んでバーをたたくシュートが3回。でも結局追いつけず・・・。よくあるパターンです。失点後に相手が攻勢に出てくる所を押し返すには強いメンタリティが必要です。土日を通じてリョウマが良かった。ハルトも大きく飛躍する前兆があるような気がする。精神的には大人に一皮むけたようです。クイックリスタートからチャンスを作ったり、得点になったりしました。切り替えの速さ、スキを逃さない。を身に着けさせたいと思っています。もちろんクイックからのミスもありますが、トライを認めるようにしないといけません。我慢・・・。
昼過ぎに終わって、またJ-GREENに向かいました。8地区トレセン交流戦と終了後のスタッフ会議に出る為です。4種委員会の技術部長の仕事です。桝谷副部長がいろいろ改善案を出してくれるので年々、ゲーム環境が良くなって拮抗したゲームが行われるようになっています。終了後の会議でも4年前と比べると地区トレセンでも問題も徐々に改善されてきています。16時について1ゲーム観て、17時30分からの会議。この日は18時30分からガンバ大阪のアカデミーコーチと地域コーチの懇親会があって会議を19時15分で途中で抜けて懇親会に向かいました。20時に会場のホテルについて残りの1時間参加しました。
ニュースでも出ていたと思いますが、宮本ツネがガンバのU13のコーチになりました。彼も懇親会に参加していました。彼は俺がガンバのジュニアユースのコーチをしていた時のユースの選手でその時から、あまり接点はなかったけど「しっかりした高校生やな~」と思っていましたが、その後は代表選手になり、代表のキャプテンになり、活躍はみなさんの知る所です。
彼からオーストリアのザルツブルクに行った時のコーチのマテウスの話とかトルシエとジーコの違いとか興味深い話をいろいろしてくれました。何より印象に残ったのは「男前やな~」です。
男の俺が、隣で目を見て話すとほれぼれする顔です。その趣味はないけど。あれはイケ面俳優に
なれる。彼のような世界を経験したコーチが育成の選手に経験を伝えたら、それはとても大きな財産になると思う。俺も町クラブのコーチにしては中々できない経験をさせてもらっていますが、ツネの選手として世界に触れた経験には到底かなわない。当たり前か・・・。
この日は吹田~堺~都島の移動でした。
土日ともにチーム指導・協会の仕事・飲み会と3か所回る移動の多い日でした。でも収穫はありました。途中抜け、途中合流はどちらにも中途半端に終わる時があるのですが、何とか押さえどころは抑えた。ただでは帰らない。2日連続でタクシーで帰る事は時々あるけど、2日連続で代行で帰ったのは初めてやった。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎