2016年5月24日 (火)

独り言

週末の感想です。
土曜日はAMこくみん共済リーグU11に会場提供しました。
うちの公式戦はありません。土曜参観の子がいて、うちは交流戦。
ブロック長をしていて会場提供が少ないので、こんなパターンは
これからも増えます。おかげで、うちの選手はライン引きはかなり
上達します。GK希望の2人にたっぷりGK練習をしました。
最近「GKやりたい。」って子は10年前に比べるとずいぶん増えたと
思います。GKのイメージがアップしたんだと思います。
逆に親世代のGKに対するイメージが悪いのか、「GKだけはやるな。」
的な助言を子どもにされる方がいます。下手な子が無理にやらされるイメージ。
練習ではほったらかしなのに、試合ではミスしたら怒鳴られるイメージ。
etc。そんなイメージをつけたのは指導者です。
「指導者は選手の未来に触れている」今の子達が大人になるころにはずいぶん
GKに対するイメージが変わってると思います。
ヨーロッパではGKは子どもに人気のポジションです。
ハクの運動量が良かった。コマサのシュート感覚はとても良い。コウスケは
よく声を出しています。コウセイの攻撃のイメージは多彩です。
全体にもう少しDFの選手が攻撃に関わってほしい。と思いました。

PMは尼崎に移動し、長岡京FCとのJY交流戦に移動。
1年生は止める・蹴る・運ぶの基本のアベレージで長岡京の子に劣っています。
日々の練習の大切さを感じて積み上げてほしい。基本(動きながらのテクニック)
はとても大切です。攻撃はいいんだけど、守備が軽い選手が多いです。
守備の重要性・方法の理解が必要です。2・3年生は横に揺さぶりギャップをつく。
という感じで主導権を握りながら崩す。のができていないかった。常に強引に
崩しにかかる。目の前だけを観ててゲームの流れを感じたり作ったりする力。
チャンスを感じ、ピンチを感じる力がまだ不足しています。個々には重要な
場面でのフリーなのにパスミス、キックミスが目立つ選手がいます。
18時30分までたっぷりゲームをしました。長岡京の監督の中村は同級生で
世話したり世話されたり、この週末は大変世話になりました。

日曜日は江戸出張。JFAハウスで13時からと16時からの2つの会議に出ました。
今年度のキッズプロジェクトの活動内容・方針・役割などを決めました。
障がい者サッカーを健常者のサッカーと一緒にしていく活動を広げます。
とくにキッズの所では変えて行く発信をしていきます。9月に北海道に6泊いく事
になった。9月末終了のU15リーグの佳境なんだけど・・・。何とかそれまでに
リーグを消化できるように調整しないと・・・・。
U15リーグの雨中止がこの後4か月ありませんように・・・。
帰りの東京発福岡行の新幹線で東京から乗った俺の後ろの3人がずっとしゃべっ
ててうるさかった・・・。ずっとしゃべってる。出張で何を食べる。どこのホテル
はどうだこうだ・・・。2時間半ずっとしゃべって、やっぱり新大阪で降りた・・・。
そういえばイントネーションにも違和感はなかった。関西人はしゃべりです。
俺も気をつけよう。と思った。人に迷惑かけてはいけません。
あの座席の近辺の方は新大阪から福岡までは快適だったと思う。
「ホットした。」やろなぁ~。

月曜日は忙しかった。朝、日曜参観で学校が休みの子どもを公園に連れてった。
たまには父親らしい事をします。昼に契約している保育園の指導。夕方に5・6年生
の指導。夜はナイターでJYの指導。夜になって、「今日なんか疲れるなぁ」って
振り返って気づいた。そりゃしんどいわ。って。しかも暑かったし。
でも「明日はゴルフ。」とモチベーションを上げる。今日はゴルフです。
リフレッシュしてきます。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »

2016年5月19日 (木)

独り言

週中の感想です。
吹田南FCホームページのJFAグラスルーツ推進・賛同パートナー
のバナーがJFAホームページにリンクしました。全国で40番目
くらいの認定で、大阪府のクラブでは2番目の早さです。
そんな大げさな事を宣言している訳ではないですが、吹田南FCの
「グラスルーツ宣言」しました。大阪の他のクラブもどんどん
「グラスルーツ宣言」をして、選手に良い環境があふれる事を期待します。

水曜日はJrの練習後、吹田江坂ライオンズクラブの幹部の方々と第12回大会
の打合せをしました。もう12年目になります。長らくサポートしてもらっている
事に感謝です。ライオンズクラブの方々も子どもの笑顔にサポートしている事
を喜んでいただいています。その中で清掃活動やエコキャップ運動が子どもの
道徳教育にも役立っています。
吹田南のOBは今も時折、自宅や事務所にキャップを届けてくれます。
ライオンズクラブの事業は基本単年事業ですが、12年も続いているのは
このサッカー大会サポート事業だけだそうです。日本の未来に投資です。

ライオンズクラブの方々は成功している企業経営者の方々なので、お話
を聞いていると、様々な異業種の興味深い話が多いです。楽しい時間でした。

さて以前、ガンバ大阪のホームグラウンドの吹田スタジアムでサッカーが
できる可能性を書きましたが、この吹田江坂ライオンズクラブ杯と絡めて
実現したいと考えています。現在、実現可能性は50%って感触です。吹田市役所・
ライオンズクラブ・参加クラブ・・etc調整して何とか着陸させたいと思います。
5年生と低学年で実現したい。ホームスタジアム初年度に実現すれば、それ以降
に継続して恒例事業にできる可能性もある。やりまっせ~。
自称「期待をうらぎらない男」です。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


続きを読む »

2016年5月16日 (月)

独り言

週末の感想です。
土曜日はJYの練習をして、夜の3種総会に出て終了。
そんなに書くようなないようがなかった。
日曜日は朝に小学2年の大会に万博に選手を送り、コーチに引き継いで
万博FAで行われたキッズフェスティバルU7・8の視察。
キッズ委員会副委員長の仕事です。

1463366788498_2


子どもは80名ほどの参加で、大谷大学の学生はボランティアスタッフとして手伝って
くれました。キッズフェスティバルのスタッフは先週のシミュレーションで共有した
内容を踏まえて、良いセッション・声かけをしていたと思います。また大谷大学の
学生の関わりが素晴らしかった。とても積極的で何かを学ぼう、与えよう。という意欲
にあふれていました。またお手伝いをお願いしたいと思います。
子どもの笑顔は宝だと本当に思います。フェスティバルを行う我々が子どもの笑顔に
パワーをもらいます。子どもを解散して、スタッフに俺の振り返りを伝えて終了。

万博のうちのクラブが参加する2年生大会は午前のキッズフェスティバルの視察
終了後に、戻って午後は指導するつもりでしたが、引き継いだコーチから「午前
で全敗して、最下位だけは午後の順位戦がありません。」と電話がかかってくる・・・。
「ちょっと練習しておいて」とつなぎを依頼して合流し、練習をして、大会の
コートの隙間の空き時間に、紅白戦をやって、またちょっと練習をして終了。
優秀選手にえらんだケンタがめっちゃうれしそうな顔をしてたのと、ガッツポーズ
をしてたのがとても印象的でした。彼のスイッチが入ったかも。
友好クラブのRESCさんからクラブで集めたエコキャップを3袋預かりました。
もう6年くらいやってるかな・・・。
小さなボランティアですが、続ける事が大切です。世界のどこかで誰かに支援
されています。焼却処分しない事でCO2の削減にもなっています。これからも
続けます。

1463366765849


おもいの他、早く終わったので、河川敷グランドでやってる、全日リーグを観に行きま
した。ライフカップ真っ盛りの中、早々に全日リーグの第一節を開幕させました。
多くのリーグのブロック長を引き受けすぎて、やれる隙間があれば、どんどん消化
して行きます。
今年新規登録されたジョガボニートというクラブとのゲーム。8-0勝利しました。
この日、全敗した2年生の保護者のみなさま。6年生になったら、試合結果はこんな感
じに割と勝つようになりますから、温かく見守ってください。
開始9秒でケンタロウが決めた。あの1対1が決まるか決まらないかが、その後の選手
の緊張感をほぐすかどうかが変わります。良く決めた。でもその後2回、同じ形の
決定機をコントロールミスでチャンスロスしましたが・・・・。
ヨウキは常に準備しています。予測がいい。エイチがすごい切り替えの速さを見せて
ピンチの芽を摘みました。コウセイは何かやりそうな雰囲気を持っているのと
アイデアが右脳っぽい。アズマはやはりFWが良いような・・・。難しい・・。
サブGKのカズは良いプレーを見せました。成長を感じました。
自宅の住所は言えませんが・・・言えなくなった理由が
「保育園の時言いすぎて忘れた・・・」独特の世界観です。
ユウジロウはもっと走ってほしい。テクニックは高い。運動量が不足してます。
最初の交代がリンタだったのは彼が増岡の信頼を得ているんだな。と感じました。
彼は怪我をしても体調が悪くても練習に来て見学やボール拾いを
やってます。コツコツは誰かがどこかで観て評価を得ます。6年生は層が厚いです。
人数も多いし、レベルも高い。子どもが明るいのが何よりいい。

戻って夜は久しぶりにコーチ仲間と飲みながらのサッカー談義をしました。
クラブの代表になると割と孤独です。他クラブの代表とはその思いを共有
できるので、いろんな悩みを話したり楽しく時を過ごしました。
帰宅すると自宅にメールが1通。
うちのクラブからAMのキッズフェスティバルに参加された保護者の方からでした。
運営上のご意見でした。とても遠慮した感じの内容でしたが、私はありがたい事
だと思っています。気づいた事を言ってもらって改善できます。それが子どもに
良い環境を与えます。早速キッズフェスティバルのスタッフに共有しました。
保護者のみなさま。うちのクラブの運営や指導についてもでもそうですが、
「指摘してもらえる事はありがたい。」と思っています。聞く耳は持ってるつもり
です。いろんな方の視点で子どもを見守り、一緒に育てて行きたい。と思います。
今週末は試験OFFに入ってるJYの選手が多く、JYの活動は薄めでしたが、来週末
からは試合も入れています。やっぱり現場が楽しい。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »

2016年5月13日 (金)

独り言

週中の感想です。火曜日は母の三回忌でした。「もう3年経ったのか・・」
いやいや2年です。三回忌って2年でやるんだってね。知らん事多いよね。
突然の交通事故で母を亡くしました。いまだに亡くした実感は湧かず・・・。
みなさん交通事故には気をつけましょう。

木曜日は某セレブ系列幼稚園・小学校のアフタースクールのサッカー指導
に行ってます。ちょっと住んでる世界が違うんだよね。
昨日は小学2年生が練習前にグラウンドの隅で集まって、何か話を
しています。「何してんねん?」「会社ごっこ!」なんやろう?と
遊びを観ていると、社長役が「今から会長を3人決める。○○・△△・□□
の3人は前に出るように。」それを他の子どもが拍手で承認する・・・。
なんか取締役会的な「ごっこ」だった。何がおもろいのか解らん・・・。
でも彼らは楽しそうや・・・げらげら笑ろうてる・・。
子どもの頃は「鬼ごっこ」大学生で「王様ゲーム」の俺とは遊びが違う・・・。
「子どもは親の鏡です。」「子どもに与える周囲の大人の影響力は大きい」
「我々指導者は子どもの未来に触れている」改めて痛感。

アフタースクール終了後に、南河内のモデル地区TCの指導を視察に行きました。
ユースダイレクターの仕事です。今年から南河内のトレセンにセレッソから
鈴間コーチが派遣され、とても充実した内容でトレーニングしていました。
他のスタッフも若い指導者が多く、今年A級のトライアルを受ける方2名
昨年にB級とった方1名・・・学ぶ意欲も旺盛です。「南河内TCよくなるな。」と
思いました。コツコツしか近道はありません。終了後、近くのマクドナルドで
コーヒーを飲みながら振り返りで、指導を観て俺の気づいた事をフィードバックして
いろいろ話をして、22時30分に松原市を出て終了・・・・。帰路は長かったけど、
明るい兆しの見えた帰路だったので、疲れはあまり感じませんでした。

1463089806236

JFAからキッズプロジェクトの委嘱状が届きました。俺を良く知る人は 俺が嫌いな物が「自慢」だと良く知ってると思いますが、この委嘱状をもらってる メンバーは全国で8人です。その8人で役割分担したり、集まって会議をしたりで キッズの指導の方向性を全国に発信しています。メンバーは前向きな方々で、 できる方々なので、この仕事で出される宿題は内容が重く、ボリュームも多いのですが、 とても自分を鍛えてくれます。そういう仕事に関わる機会に感謝です。 「自慢」は嫌いです。世界平和と子どもの笑顔が増える事が願いです。 「自慢」は嫌いです。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


続きを読む »

2016年5月 9日 (月)

雨天中止のお知らせ

3、4、5、6年の保護者の皆様
本日5月9日(月)のスクールは雨天のため中止となります。
週一回の人は振り替えてご参加ください。
なお六年生は希望者は19時からの服部緑地での練習参加可能です。

NPO法人吹田南FC 満田

独り言

週末の感想です。
土曜日はAM・ライフカップの会場責任で万博フットボールセンターに行きました。
午前中役員の仕事をして、昼にうちの選手と増岡コーチが来た所で引き継ぎを
して、自クラブのゲームは観ずに、河川敷のJYゲームに移動。
6年生はグループ2位通過と聞きました。負けたAVANTI茨木さんは、午前中の
ゲームをやってる試合を観ましたが、試合の中でのプレーもさることながら、
ベンチに置いてる脱いだジャージを畳んで自然に整理されてる所が
すばらしかった。良い指導がされているな。と感じました。
荷物がまったく整理されていないチーム。指導者が選手の管理を
全くしていないので、選手がルールを守れていないチーム。様々あります。
うちのクラブも足りない所はたくさんあると思います。「子どもは親の鏡です。」
「選手はコーチの鏡です。」育てたようにしか育たないし、指導したようにしか
育たたない。「指導者が変わらないと、選手は変わらない。」
「指導者しか選手を変えれない。」「我々は選手の未来に触れている。」

午後はJY・U14・柏田とのゲーム。格上の相手に学びが多かった。1vs1の
バトルへの勝負のこだわりは相手は強かった。「上手くなりたい・負けたくない」
という強いメンタリティを相手に感じました。戦った選手がそれを感じれたか?
ノートを観て、ホットするのか?落胆するのか・・・・。
最後のゲームをコーチに任せて、J-GREENに移動。
キッズ委員会のキッズフェスティバルのスタッフと子どもを集めての
スタッフの技量をあげるスタッフ研修会を開きました。
キッズ委員会の副委員長の仕事です。
今年実施する。インディビジュアルウィナーのクワトロゲームも試行しました。

1462755865759


17時~19時で実技。19時~21時が振り返り。指導の声のかけ方や、
オーガナイズの作り方などをディスカッションして共有して終了。
来週のフェスティバルに還元される事と思います。
3箇所移動の売れっ子な日でした。

日曜日はJY・U13のゲーム。Selciao・久米田とのゲーム。U13は試合には
よく負けています。何が出来て、何が足りないのか?それを適切に理解し
これからの2年半で積み上げて行きます。いろんなチームから選手が来ている
ので、今は異文化コミュニケーションです。相手の文化を受け入れ、吹田南JY
の文化を落とし込んで、同じ目的に向って努力するチームにしたいと思います。
夜はこくみん共済リーグの指導者研修会とブロック会議でした。

GWが終わりました。忙しくもあったけど、今年は3連休で1日リカバリーする
日があったので、例年よりもちょっと余裕があったかも。
うちに関しては、3月から新たに加わっていただいている保護者コーチの方々
が助けていただいているのもJrの試合に余裕ができたり、多く試合を組めたり
するのに貢献してもらっています。感謝です。これからも子どもの笑顔の為に
理解者を増やし、環境を整えたいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »

2016年5月 6日 (金)

独り言

週中の感想です。
4日はJYのトレーニングをして、午後は6年生の大会を観に行きました。
6年生は層が厚いです。オフザピッチの振舞い・行動もレベル高くできます。
明るいのでいつも楽しそうにいます。ライフカップ直前で燃えた良いゲーム
をしていました。コウセイのミドルシュートは広島にいた久保選手を彷彿させる
スケールでした。長年お世話になってる大会で、ちょうどGWが終わって始まる
6年生の公式戦のシミュレーションになります。
夜は懇親会でした。若い指導者も増えていますが、この懇親会には80台の超大先輩
が2人もいます。俺に「若い指導者も増えたよねぇ~」なんて話してくれます。
コーチとしての年齢は中堅からベテランに入りかけだけど、80台のお二人から
見たら、30台も40台も同じ若い指導者。です。大先輩にいろいろな昔話を聞きました。

ああいう所で、いろんな人の所を回って、酒をつぎ、話を聞き、名前を売る若い
ガッツマンがたまにいます。そういう時は「あいつやるな~」って思うのですが、
この日はそういう肉食系のガツガツタイプに若いコーチはいなかった。

網野で感心した話です。30日の晩10時30分頃、ホテルの部屋をノックする音がしました。
「絶対、また子どもが部屋でトラブった報告やん。」「22時完全消灯にしてるのに!」
とドアを開けると、大阪から参加してるチームのコーチが「上野さん、育成について
お話聞かせてください。」大きなお題持って来るな~。と思いましたが、俺が全て
解ってる訳ないけど、経験談やったら話はできるで。まぁ入り。と彼の悩みを聞いたり
俺の考えを言ってみたり、数時間話しました。ここに飛び込んでくるガッツに感心した。
20台中盤の彼がアポなしで20才年上の先輩の部屋をノックする。俺が20年前に逆の事
ができたかと思うと、偉いなぁ~。と思った。彼のクラブでの指導の取り組みも考え方
も良いと思います。いろいろ失敗もすると思うけど、前向きに取り組んで、良い選手
を育てる指導者になると思います。やり続けるのが一番難しい。

1462490431367

5日はアドバンスリーグU15に帯同しました。第6節・富田林常盤との2回目の対戦
です。結果は4-1勝利。1回目も4-1だった。相手は1回目よりも強くなってたと思い
ます。スコア以上に苦戦しました。簡単な試合はひとつもない。
何とか開幕から6連勝しました。今年のJY4期生の目標は2部昇格。10チームブロック
の優勝クラブのみが昇格します。全18節を15勝3敗。勝ち点45で優勝が目標です。
18試合を前期・中期・後期の各6節に分けて考えて、それぞれを5勝1敗ペースで
乗り越える。今回前期を6連勝できた事で貯金が1つできました。
これで残り12節を3勝1敗ペースで良くなった。5勝1敗よりは気持ち的に楽です。
まだ対戦していない昇格を争うクラブもあります。1回目で勝ったクラブに次も
勝てる保証はどこにもありません。気を抜く瞬間はありません。
あとに続く後輩の為に良いステージにアップさせたいと思っています。
このずっと続く緊張感が選手も指導者も成長させます。連敗する時もあるかと
思います。保護者も含めた一体感で乗り越えて、みなで目標達成の喜びを
9月に味わいたいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

雨天中止のお知らせ

園児・1年・2年の保護者のみなさま

本日の6日(金)の下水Gスクールは雨天中止にします。

週1回コースの方は他曜日に振替参加してください。

NPO法人吹田南FC 増岡

2016年5月 3日 (火)

独り言

週中の感想です。先週末に4年生の1泊2日の網野遠征に帯同しました。
4年生は素直です。中学生は思春期のモヤモヤを抱えています。
その違いを改めて感じ、またどちらも成長過程で当たり前で必要な
ステップです。いろんなカテゴリーに関わるから感じれる事があります。
4年生の準決勝はとてもいいゲームでした。普段4年生の試合に帯同しなくても
あれは年間のベストゲームか2番目くらいのゲームだと思います。
全員が勝ちたい気持ちを出してました。ちょっと感動した。あれを保護者
のみなさんも観たら感動したと思います。機会があれば試合を観てあげてください。
ナオトが意外に自立してました。リーダータイプです。意外と悪さをする選手も
発見しましたが、ここでは名前を伏せておきます。
でもみんな十分範疇です。自立し社会でリーダーになる選手育成を目指します。
準優勝は立派です。参加した子を全員均等に出しました。補欠ゼロです。
3年生ではなかなか勝てなかったけど、「4年生くらいから割と勝ちだしますよ。」
って言ってたでしょ。この結果で一喜一憂する事はないですが、ちょと安心
して信頼して見守ってください。

低学年保護者のみなさま、だいたい低学年では負けています。もちろん
勝った方がいいし、勝ちを目指していますが、勝つために「勝つ方法を選び、
勝つ為の方法を教え、勝つメンバーを選ぶ」のではなく、18才~20才で完成する
サッカー選手の育成段階の中の7才・8才・9才だと思っています。
1年生の時に0対10で負けた相手に6年生でも0対10で負ける事はないですから。
つかまり立ちを早くした子が優秀なアスリートになる訳ではないですが、
今、この瞬間だけを観ると、うちの子は誰々ちゃんより遅い。とか
ほとんどの子ができるのに。とかになります。長い目で見守ってください。
子どもが6才・7才になったら、寝返りが早い、つかまり立ちが遅い。で悩んだ
事が小さな話だった事は解ると思います。
1年生で身長が一番高い子が6年生でも一番背が高いとか限らないですよね。
まして18才でどうかといえば・・・。前振り終了。

今日は、朝から小学2年生の大会に顔を出して、いつも呼んでくれる主催者に
お礼を言いとちょっと試合を観ました。この学年も1年生の時はほとんど
負けています。最初の試合、相手が強くて0-9で負けました。そのゲームで
私は現場を出ましたが、その後は接戦を2敗して下位トーナメントに回って
下位トーナメントでは2連勝で優勝したそうです。なんかホットします。
4年生くらいから割と勝ちだしますから。長い目で見守ってください。

2年生の試合会場を出て、J-GREENへ。JFAプレミアU15の視察に行きました。
ユースダイレクターの仕事です。U15の全国大会です。
視察したのは清水エスパルスvsサガン鳥栖。2-0でエスパルスが勝ちました。
詳しくは技術委員会に提出した報告書に書きましたが、やはりU18とU15では
当たり前だけど、U15は戦術・ゲーム運びが粗い。それを同じ全国レベルの
U18とU15を比べて観て、改めて実感できたのが収穫です。
いろんな人にJ-GRRENで会いました。普段からよく会うクラブチームの指導者を
抜いて、珍しい人との出会いを列挙すると。最初に会ったのが徳島県のU12の
トレセンチーフをしている藪原に会った。
昔、熊本で受けたA級U12が同じコースでそれ以来の付き合いです。挨拶に来た藪に
「何してんねん?」「これ(JFAプレミア)観に来ました。」「そうなん?わざわざ?」
J-GREENが当たり前にあって、そこに様々なカテゴリーの大会が来て観たり、
触れたりする機会が日常にある事に改めて感謝です。
俺は40分で来たけど、彼は何時間といくらかけて来たのか?
その次に高校の時のサッカー部のマネージャーに会った。息子の試合を観に来た
ようで、後輩の坂本が広島で仕事しながら、俺のブログを楽しみに読んでる。
って聞いた。「坂本!覚えてるよ。大阪に来たら田尻の店で飲もう。」

試合後に、S15にたくさん人がいるから観に行ったら、U18のプリンスリーグ関西
をやっていて、歩いてるU19日本代表監督の内山さんを観つけて挨拶に行った。
ジーパンに普段着だから内山さんを知らない人は絶対気づかないと思う。
内山さんは前身の鈴木監督がU19代表監督時代のコーチで、その前は関西担当の
ナショナルトレセンコーチだったので、俺も関西トレセンやナショナルトレセンで
一緒に仕事をしました。尊敬する方です。鈴木さんから代わって今はU19代表監督
です。「オーじろうちゃん。○○を観に来たんだ。」なんて話ながら、
カテゴリー代表は定期的にハリルさんも含めて会議をするそうですが、
「俺いつもダビド(ハリルさんの事)にもっと育成年代をこうしろ、ああしろ。
そうしないと世界に追いつかない」って怒られてる。って言ってました。
「僕も下の年代しっかりやります。」って謝っときました。
U19代表がアジアを勝ち抜いて、U20W杯に出る事を祈ってます。
そうなったら、内山さんが東京オリンピックの代表監督に持ち上がるんじゃないかな?
内山さん応援してます!東京オリンピックの代表のコーチだったらやりますよ~。

そんな感じでS15をうろついてたら、履正社高校のプリンスの試合前で監督の平野さん
が「じろう!」って声かけてくれた。「今度○○先生と5月の中旬に食事しよう。
って約束したからじろうも声かけるから空けとけよ。」「はい。もちろんです。」
なんて話してたら、また「じろう!」って。審判の席から。同級生で2級の派遣審判を
やってる奴がいた。ちょっと立ち話してたら、次のゲームの審判でアップしてるのは、
先日の網野カップの主催の網野FCのコーチで京都の派遣審判をしてる田茂上さんだった。
「また会いましたね。」大阪から160Km離れてますが、俺が京都に行って会って、
2日後に相手が大阪に来てまた会う。J-GREENって改めてすごい機会を与えてくれるな。
って思った。それ以外の「あっあいつや」て挨拶したり気づいた人数は
あげればきりがない。
J-GREENでは下向いて歩かないと急いでる時は前に進めないくらい知り合いに会う。
たまに「声かけてくんなよ」オーラを出して急ぐ時もある。
顔広なったなぁ~アピールです。人脈は宝です。日本・関西・大阪・吹田南FCに
還元します。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »

2016年5月 2日 (月)

独り言

1462105992911_2

4年生と網野遠征に行ってきました。

1462105966574_2

割りと逆上がりのできる率は高かった。

1462105949665_2

「遠くまで跳ぶぞ」大会はワトが野生だった。

1462105859179_2

合間の海。実は結構水温は低い

1462105831055_2

「男気みせろ!」と叫びながら何度も海にダイビングをするグループ。 おそらく将来は「とりあえずビール」に始まり、人に一気を強要すると思われる。

1462105846213_2

波うち際で山を築くグループ。 おそらく将来は「イモのロックで。」と「とりあえずビール」には迎合せず、 カラオケでマラカスを振る事はないと思われる。

1462105818618_2

水に全く興味を示さず、砂浜とたわむれるグループ。 おそらく将来は飲み会に車であらわれ「ウーロン茶」で初志貫徹すると 思われる。

1462105747240_3

部屋はオーシャンビュー。食事は最高です。網野の宿・食事は別格で 「いつもこうじゃないぞ」とつたえました。

1462105730385_3

逆回りはでいませんが・・・。

1462105714502_3

学校での授業態度は悪いそうですが・・・。

1462137264986_2

かなり止血方法が大げさです。本人は気になっていないようですが・・・ 引率の俺がハズイ・・・。

1462105689929_2

準優勝しました。うちは賞品のついた大会に強いと言われます。 京都の大会の賞品はなぜか、椅子が多い・・・・。監督用のディレクターズチェアは 網野でもらった物ばかりです。

保護者のみなさま、遠征費のご負担ありがとうございました。
選手にはサッカーの楽しさと、集団行動のルールを守らない時の厳しさを
強く、強く伝えました。
選手は家で感謝のお礼とお土産話をしましたでしょうか。
これからも「サッカーで学ぶ」「自立した選手育成」を目指したいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

続きを読む »