2016年12月 8日 (木)

六年生

12月3日土曜日は六年生のMUFGに行きました。
六年生の試合に行くのが久々だったのでプレー面での成長、変化が大きく見れました!
あいさつは六年生は言わなくても会場に行けばしており、試合の準備も自分たちからユニホームの色聞いて準備してたので素晴らしかったですし、僕が審判でアップもボールを使えない中自分たちで考えて自分たちで声をかけあってやってたのでさすがやなと感心でした。
試合には負けましたが試合内容は僕個人ではいい試合でしたし、相手も強い中攻めれた時間帯は多かったと思います!!
みんなが諦めず最後まで自分たちのサッカー、僕の指示をしっかり聞きやれてました。
特に健太郎の攻守の切り替え、ドリブル突破は相手の脅威になってましたし、あずま、えいちもポジションを変えたにも関わらずポジションを理解してるので急に変更してもいいパフォーマンスでした!
えいちのスピードに乗ったドリブル突破、あずまの積極的なシュート、しきのボールキープ、ようきのディフェンスからの攻撃参加とみんなのいいプレーがたくさん見れました!

NPO法人吹田南FC 満田

2016年12月 6日 (火)

独り言

週末の感想です。
土曜日は朝一番に5年生の吹田江坂ライオンズクラブ杯に帯同しました。
服部緑地人工芝Gにて、半面でアルドーレ杯1年生大会を5人制で4ピッチ
作って大会。半面で吹田江坂ライオンズクラブ杯の予選リーグの未消化
ゲームを行う。グラウンドと時間には一寸の無駄もなし。です。
5年生白チームは玉櫛JSCに勝利。ちょっと力の差がありましたが、
ビルドアップの方法を今、集中的に指導中でボールの運び方は良くなった
と思います。ボールを前に運ぶ方法のイメージが選手に共有される事が
大切です。それに必要なテクニックが不足している部分はコツコツで
練習でゲームに近いリアルな設定、リアルなイメージを持って取り組む事
が大切です。練習の質・雰囲気も集中的に向上に取り組み中。
5年生白チームはこの勝利で10チームの予選を2位通過し、翌日の青チーム
も勝利で2位通過しました。2つとも勝ってよかった。
(株)アルドーレは吹田南FCの大会スポンサーです。毎年4大会を
サポートしていただき、もう6年がたちました。感謝です。いつも社員の方
で子ども達にブースを出してくれます。今回は豚汁。大好評だったようです。

Img_0022


朝一番の5年生のアップ・ゲーム指導をして、午後の河川敷のJYゲームに移動。
VISSEL伊丹との交流戦。伊丹のU13の監督の高木さん(俺はケンジと呼ぶ)は、俺が
ガンバのJYのコーチをしてる時のユースの選手で宮本ツネと同級生です。その後
プロに上がりましたが、レギュラーで大活躍とまではいかず、現役を引退してVISSEL
神戸の指導者になりました。再開したのは俺がナショナルトレセンU12のスタッフ
になった6年前にVISSELのスカウトで選手を観に来てた時でした。
それからちょくちょく頼み事をされたり、したりの関係で、ちょうど、トレセンマッチデー
でVISSELは県TCの6人が抜ける。というのと、うちも翌日の千里丘との公式戦に向けて
力が上のチームとしたかったので今は貸しがあったケンジに「試合やったるわ。」
と上から目線で電話しました。試合は1-2負け。うちには良かった。
ボールは持たれましたが、最後の所で厳しく行けたのと、少ないチャンスですが、
決定機も数回作れた。翌日の良いシミュレーションになった。サブ戦は1-7の完敗。
選手層の差はもろに出ます。このベースの引き上げはコツコツしかありません。
相手のアプローチの早さを感じたでしょうか?いつものパススピードで通用した
でしょうか?日常の練習で取り組んでるレベルでは「いつもと違う」と
感じたはずです。それを毎日の練習にフィードバックする。本気で日常を変える。
やりまっせ~。
17時に河川敷を出て、J-GREENに移動。18時からユニクロキッズフェスティバルの
実技シミュレーションをスタッフを集めて行いました。
今回のユニクロは大きく変えますよ~。大きなトライです。失敗を恐れず、
日本でサッカーを文化にする為にやりまっせ~。
19時30分まで実技をし、会議室で振り返りと共有事項を確認して21時終了。
あちこち移動の土曜日でした。
日曜日はAMに山田高校でU13の交流戦。太田FCと行いました。2ゲームやって2敗。
カズサが良かった。万年怪我人ですが、この数週間は怪我なくプレーしています。
ヤマトも長くオスグットでしたが、ようやくプレーに支障がなくなりました。
テクニックの遅れを取り戻す時期です。速さと強さという大きな武器をより輝かせる
為にテクニックが必要です。エイタ・シュラも大きく伸びたように感じます。
確実にできるプレーが増えました。1年生の親に先日質問されました。
「2年生は強いけど、1年生の時はどうでした?」1年生は負け試合が多いからだと
思います。「2年生も1年の時U13リーグは早生まれの2年を出さないとゲームに
なりませんでした。大して変わりません。上手くするのが私の仕事です。」
心のコップを上向きに。前向きメンタリティで取り組めば、すぐに上達します。
その心のコップを上向きにする事が難しい。どこでつけてきたのか余計なプライド
がじゃまをする。どれだけ大きな世界で何を成し遂げてそんな高いプライドになった
のか・・・?と思う事があります。自分の知ってる小さな世界が全てだと思ってるのか?
世界は広い。サッカーは奥深い。地雷が埋まってる国でサッカーの普及をしてる指導者
の苦労を知っていますか?ボランティアコーチの顔をしてクラブに関わって、子どもを
さらって外国に売る国があるのを知っていますか?サッカーの指導法・戦術をどれだけ
知っていますか?何人の指導者に習ったのですか?どんな実績の指導者ですか?
その内、日本人以外は何人いますか?
言いわけしない。人のせいにしない。謙虚に学ぶ。自分にも言い聞かせながらコツコツです。
上達させますよ~。

1480975045884

午後は万博FAグラウンドでクラブトーナメントの1回戦。vs千里丘FC。2・3・4部リーグ
の予選の5チームリーグを勝ち上がったチームと1部リーグ・関西リーグのチームがシード
されて予選なしから始まるトーナメントです。だいたい勝ち上がるチームは2部くらいの
実力です。1部のチームとやって1ランク上、関西リーグは2ランク上です。しかも千里丘
とガンバ大阪は関西リーグの1位・2位でト-ナメントの両端にシードです。うちにとっては
3ランク上の相手です。普通にやったら10点差以上。ボタンを掛け違えたら20点差になります。
実際前日の1回戦でガンバ門真(関西リーグ)は高槻MYD(1部リーグ)を相手に22-0の試合が
ありました・・・。惨劇や・・・。と思った。
70分ゲームフルピッチはごまかしがききません。前審の副審でセレッソ西と高槻FCの試合
が5-0セレッソでした。副審でセレッソの突破のスピードや崩しの際の連動を観、
自分の選手の実力とイメージしながら考えてました。5-0の得点差以上の実力差
があった。高槻FCが得点するチャンスは、ほぼゼロだった。審判後に決断しました。
「リトリートしよう。」指導者人生で初めてリトリートしました。
育成年代では常に前から奪いに行かせますが、15点差のゲームになったら、
モチベーションも何もありません。
少しでもねばって、拮抗を保つ事を考えました。急場で簡単にできる事でもないけど、
とりあえず、FWがプレスをかけ始めるのがどこからなのか?
最終ラインはどこに引くのか?シンプルに伝えました。リトリートしてカウンターを打つ
しかないくらいの実力差があります。
リトリートはA級でさんざん学んだ。俺のテーマじゃなかったけど、他の人のテーマであり、
いろんな指導法、押さえどころをたくさん学んだ事が活きた。前半1-3(1点とった!)
後半0-4で1-7の負け。自分達の力を出したか?という点では90点くらいやれるくらい出せた
と思う。相手の方が消化不良じゃないかと思う。GKソウタが大活躍しました。
「あんなにできた?」ってこっちが驚くくらいです。全員がハードワークしました。
やってはいけない事をする選手はいなかった、一体感があった。
ただ最後の10分は明らかに運動量が落ちた。走れないとサッカーになりません。
テクニックも試合を通じて3本連続でパスがつながった場面が何回あったか・・・。
関西リーグレベルのプレッシャーでは自分達のテクニックは通じない事が解ったと
思います。日常の取り組みを上げる。そのコツコツが2部昇格につながります。
強い相手と公式戦を戦えた経験をつなげたいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2016年12月 4日 (日)

雨天中止のお知らせ

3年生各位

15時40分からの川岸下水スクールは雨天中止とします。

NPO法人吹田南FC 増岡

1年


アルドーレ杯

ゴールに入る寸前で、なんとか触って防ぐシーンが何度もありました。

あまり1年生のスクールは見ないので以外でした。

4チーム共にそこそこ勝った様で、盾も2つ貰えましたね。

豚汁が大人気で、午前のグループリーグ最終戦を戦った選手は売り切れだったみたいで・・・

アルドーレの方が「来年もっと用意しとく!」と言ってましたね。

また次に期待して下さい。


NPO法人吹田南FC 増岡

2016年12月 2日 (金)

独り言

週中の感想です。火曜日はたまった事務仕事を片付けました。
おまけに自分の仕事部屋も片付けた。自慢してるけど、いつもしてくれる
妻に感謝です。ごまかしながらやり繰りしていた衣替えをしました。
指導時に着る服がタンスに収まらないので入れるやりくりが大変です。
仕事着が自クラブの物・大阪協会の物・日本協会の物と3種類あるので。
逆に私服はほとんどない・・。私服では「お父さんいつも同じ服着てるね」
と娘に言われる始末。先日、愛知県の東海キッズミーティングに行く時に
ジャケットを着てたら、息子は「お父さんなんで、今日スーツなん?」
って聞いてきた。「なんで?って今日は仕事やからや・・」といいつつ
仕事着が通常ジャージなので、「今日は大人に話をする仕事や」って伝えた。
サッカー界のドレスコードは難しい・・・。

夜はJリーグのチャンピオンシップを観た。Jリーグは基本Jリーグタイムで
観てるので、あんなにしっかりJリーグを観たのは久しぶりだった。
おもしろかった。インテンシティがあったと思う。Duelもあったと思う。
ちょっとファールが多かった。レフリーもちょっと取りすぎかと感じた。
批判じゃないですよ。でもコパアメリカじゃ吹かれない。と思うファールは
いくつかあった。一番不思議に感じたのはアウェイの浦和が1点リードしても
前からボールを奪いに行った事。ガンガン2点目を狙いに行った事。あれを逆手
にとってカウンターを鹿島が打った訳ではないけど、UCLだったら絶対にアウェイ
で1点リードしたクラブは前から奪いに行かない。最終節や他との得失点で得点が
必要な場合を除いて。2試合で決まる1StLegで1点リードしたアウェイチームは
1-0で終わらせる事を最優先に考え、自陣でリトリートしてチャンスがあれば、
カウンターを打つ。
Jリーグが幼い。なんて決して言えません。指導者ライセンスの講習会や様々な
研修会で元Jリーガーや、元代表の指導者と一緒にサッカーをしたり、ディスカッション
して彼らがいかに上手いか、いかにサッカーを深く理解してるかを体感してるので。
彼らをリスペクトしています。
でもやっぱり、何かが違うように感じた。そこが歴史の差かと思う。
映像も、UCLもJリーグも全体を映してるけど、選手の大きさが違うように感じる。
カメラワークなのか、ズームの方法なのか・・・。何となく感じた事ですが、
その何となくが世界との差なのか・・・。選手・サポーター・サッカーをする子ども
その外まきでうっすらサッカーに触れてる人・・・。
日常に観る映像・目の前で展開されるプレーの積み重ねがサッカー少年少女を
その国の文化にあったサッカー選手・サポーターに育てるのかな。
日常のコツコツの積み重ね。本気で日常を変える。日本でサッカーを文化にするぞ~

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


2016年12月 1日 (木)

5年生

26日の五年生のこくみん共済リーグに行きました。
僕は2ndの方の試合を見ました!
パスをつなぐ意識、状況を見てどう攻撃しようと考えてたのがわかる試合でした!
特にとあが判断力がとてもよくなり広くサッカーしようとする意識が見えました。
ゆとのシュートへの積極性も見れてとても成長が感じられました!

NPO法人吹田南FC 満田

2016年11月29日 (火)

5年


こくみん共済リーグ

心機一転のポジションと選手の組み合わせ。

良い攻撃のシーンがたくさんありました。

ポジション毎の理解度が上がれば攻守共にもっと良くなるでしょう。


鉄棒でショックな事実が判明。

・・・頑張ろうな。

NPO法人吹田南FC 増岡

2016年11月28日 (月)

オンとオフ

今日の水曜日の祝日は四年生の試合に行きました。
最近四年生に練習の時、試合の時に言っていることは生活面もサッカー面も両方やらなあかんと言うことはもちろんサッカーでも生活でも切り替えをすることオンとオフの切り替えが大事と言うことを言っており、最近だんだんできてきてると思いましたが、今日は特にその成長が見られました!
昼ごはん、フリー時間の時には人に迷惑をかけず楽しくしており、集合するときは急ぎすぐ黙り話を聞く姿勢が素晴らしかったです!
あと会場の周り、中の人に自分たちから挨拶を大きな声でしており、試合が全部終わったら今日大会を開いてくれたチームの監督さんに自分たちから本部に行き今日は一日ありがとうございましたと言っており、サッカー面だけでなく生活面の成長がとても大きく見れた一日でした。
サッカー面では横山兄弟の練習を見てただけで試合を初めて今日見ましたが、パスの判断、広くサッカーをする意識、一生懸命さがとても見えてびっくりしました!!

川岸での解散の時にみんなありがとうございましたと言ってましたが、よしまつこうきが今日は遠いのに一日ありがとうございましたまたお願いしますと言っており本当にちょっと試合に行かないうちにこんなにも成長してるとは思ってなく感心しました!

四年生の今後の成長がとても楽しみです!

NPO法人吹田南FC 満田

独り言

週末の感想です。
土曜日・日は東海地域のキッズミーティングに1泊2日の帯同しました。
俺の担当地域は関西と東海なのでJFAキッズプロジェクトのメンバー
として帯同しました。ホストFAは愛知FA。土曜日は名古屋駅近郊の
会議場で会議、日曜日は瑞穂陸上競技場での愛知キッズエリートの視察。
JFAのプレゼンを45分やって、東海4県の現状報告と今後のディスカッション。
有意義な議論が交わされた。4県の報告を聞いて、安心しました。
東海4県は少しづつ前に進んでいます。特に愛知は若い人材に
世代交代が進み新しい試みが芽吹き始めています。種を蒔き、
土を耕し続けています。愛知のユースダイレクターの足立さん
技術委員長の青木さんとは懇親会も含めたくさんお話させていただき
前向きパワーをもらいました。お二人とも高校の教員ですが、自分の
クラブも指導しながら、県協会の為に県内を東奔西走しています。
キッズの活動にも顔を出し、関わっていただいています。FA内の
一貫指導体制を強固にしていってます。俺も「やるぞ~」って思う。

1480282703071


1480282660974


そんな留守にした土曜日はJYを長谷川コーチに任せましたが、土曜日は
上海上港との交流戦をしました。中国プロリーグの下部組織のU14のチームです。
日・月は大阪のトレセンとゲームをしますが、移動初日の午後にゲームをしたい。
という事でうちに話が来ました。こういうのは協会の仕事をしている事で良い機会
が回ってきます。クラブにも還元している事はいろいろあるんですよ~。アピール。
相手の方が力が上だし、大差ゲームになっても相手にも練習にならないので、うちは
引退せずに練習に参加している中3を4人出して臨みましたが、1-0で勝ったそうです。
内容は、また聞きますが選手には良い機会だったと思います。

Dsc_0009


日曜日は13時30分に名古屋を出て、16時15分集合のJY交流戦に帯同。
朝からの雨でJrの試合は全て中止になりました。JYは人工芝なので実施。
今回は愛知だったから、帯同できた。これが岐阜・静岡だと厳しい。
また17時~21時の試合だったから行けた。人工芝だったからできた。
他のスタッフは雨天中止で全員休みになったが、俺だけフル稼働だった・・・。
ありがとうございます。
スタッフに休みもあげないといけないので、「17時から帯同して。」とは
指示しませんでした。愛情と気配りです。相手のRESCさんがスタッフが
雨中止でたくさんいますので。と全ての審判をしてくれました。
気配り返しを受けました。ありがとうございます。
RESCとのゲーム。中2は2敗。中1は1勝1敗。
勝ち負けも大事ですが、内容です。全力をだしたか?やるべき事をすべて
やったか?やってはいけない事をやらなかったか?一体感はあったか?
良い内容とは言えません。部分的に良いプレー。良い連動の場面は
あった。でも試合を通じてどうだと考えると、力を出し切ったと言える
合格基準には達していません。ボールをより支配されてる中1の試合の方が
まだ、全力に近かった。中2はまだまだまだ、足りません。
「雨が降ってる・試験明けでコンディションが悪い・誰々がいない・・・」
全て言い訳です。相手も同じ条件です。言い訳したく心が後ろ向きになった
瞬間にベストパフォーマンスが出ない事が決まります。
「言い訳しない・人のせいにしない・謙虚に学ぶ・恐れず侮らず全力ファイト」
心のコップを上向きに!前向きメンタリティを伝えたい。と思います。
前向きメンタリティと自発の心があったら、成長速度は倍化します。
練習から、アップから、毎日のコツコツの積み重ねです。
本気で日常を変える。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2016年11月27日 (日)

郡家カップ雨天中止のお知らせ

本日の11月27日の1年生郡家カップは雨天の為、中止となりました。
よろしくお願いします。