2017年1月24日 (火)

独り言

週末の感想です。
金曜日は吹田市サッカー連盟の新年会があった。
久しぶりに会う人とかいろいろ話をしましたが、昔、近所のクラブ
のコーチを大学卒業後にしていて、教員を目指して辞めたコーチが
吹田で小学校の先生になった。とは数年前に聞いていたけど、「じろうさん
覚えてないと思いますが!」って来たのが彼で「今年度、吹六小に移動
になりまして。」と挨拶に来た。吹六小はうちの所属の子が多い小学校で、
開放で校庭をかりたりもしています。いろいろ話をして、「じゃあ手下
みたいなもんやな。これからいろいろできるな。」と約束しました。
そして、ビンゴ大会。わりと早めにそろって、なんかいろいろ景品が並んで
いる中、「やっぱ年賀状はずれの神様に預けてた運が帰って来た。」と
舞台に向かうと袖でくじを引かされ、当たったのがたぶん最低景品です・・・。
ボールペンに 「ITALIA」ってベタに書いてる。Appleはなかった。
また運ためちゃった。

1485206647612_2

土曜日は朝から、主催の1年生大会。1年生は多いので5チーム出して
コート4面作ってコーチも総動員で動きました。野球場3面の大きな
会場をフルで使用。

1485031836656


大会が動き出すと、俺は空きスペースで4年生の練習をして、終了後
5年生の練習。しっかりやり込んだ。1年生大会なんで14時に終了して、
同じ会場で14時30分KOのU13リーグ運営18時終了予定。
グラウンドのスペースとじろうの予定に一寸の無駄もなし。

1485031815432


相手は枚方1stFC。結果は1-0勝利。すばらしいゲームだった。前半は何度か相手に
崩されたけど、後半はうちが多くのチャンスを作りました。
前半は最終ラインが下がってしまう。ボールホルダーへの規制が甘い場面が何度も
目についた。後半はそこが修正されて、勇気を持ってラインが前に出てプレスも
より利きだした。特にトウゴが素晴らしかった。元々、攻撃のセンスで良い物を
もっていますが、守備には課題が多かった。この日はハードワークし、何度もボールを
奪い取りました。あの感覚でやれたらぐんぐん伸びる。タイチも2人程の欠席から
繰り上げでスタメンでしたが、そつなく不安定要素はなかった。ヨウイチロウは
公式戦には出せなかったけど、サブ戦や練習を観ているといつ出しても活躍しそう
なプレーをみせてる。後は俺の勇気かな・・。ヤマトも良くなって使う選択肢に
入って来てる所で学校で鼻を折ってきたりする・・・。中学生あるあるです。
朝から18時までグラウンドでそこから池野会の新年会。今回はいつものメンバーに
ガンバの鴨川さんも呼んで楽しい話をしました。高校の一つ先輩でそれから
だからもう30年くらいの付き合いです。

日曜日は朝一番に西宮の6年大会に帯同しました。アップをさせると、質の
高いプレーをします。やっぱテクニックあるなぁ。って感じです。ですが試合
ではそれを発揮する為の判断が良くない場面が目につきました。
土曜に予選を1位抜けしての1位ブロックだから相手も強いんだけど、
「いつ・どこで・何を」選択するか。どのアングルで、どんな距離でサポート
するか。ボールホルダーの状態。規制のかかり具合で守備のポジションも
決まるし、攻撃のサポート位置も決まります。それが自分のタイミングで
自分の行きたい所に行く。もしくは出してくれたら動き出す。そんなプレー
が目につきました。判断をともなったテクニックではまだまだ向上できる。
ベースの止める。蹴る。運ぶのアベレージは高い。そこに相手がいて状況を
観て、判断決断し、行動を起こす部分をもっと積み上げようと思いました。
アズマのシュートの意識の高さはちょっと抜けた才能だと思う。
一番DUELを避けずに戦える選手でもある。カズがシュートストップで向上
してる。キックが課題かな。
1試合指導した後、長谷川コーチに任せて、午後の河川敷の会場提供している
高槻のグラウンドに移動。
U13リーグです。小雨が時折ふったり、やんだり。うちは第二試合。試合前に
急に雨が強くなり、一発の雷鳴が響く。当然中止です。河川敷で逃げる場所も
ありません。急いで撤収していると、そこから雨が止み。晴れだしました・・・。
「できたやん・・。」って思いもありますが、自然だけは手下にできません。
事故があってからでは遅い。ただ1月末で消化しなといけないリーグが2月に
延期になった・・・。
夜は大阪協会キッズ委員会の新年会。3日連続の新年会が終わった。
21日は結婚記念日でもあった・・・。妻と家族に感謝です。

月曜日は朝からサッカー協会事業の吹田市の公立幼稚園の巡回・終了後にクラブ
で受けてる保育園のサッカー指導。夕方に小学生の練習をしてナイターで中学生
の指導。ベンチコートを畳んで置いていて終了後に着ようとしたら凍ってった・・。
寒かった・・・・。フル回転した月曜日を終えて、今日はオフ。
ただ夜は大阪協会の技術委員会と終了後の新年会。5日で4回の新年会が
終わります。人のつながり太くしてます。飲み会のDUELでは絶対に逃げないし
ほぼ1vs1では負けない。1vs15くらいまで戦えます。
吹田南FC・大阪・関西・日本に還元します。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2017年1月23日 (月)

6年生

21日は6年生のETW杯に行きました。
挨拶、荷物整理はこの学年は当たり前のようにできてました。
試合を見てる保護者の後ろを常に通るようにしたりと生活面は完璧でした。
試合では寄せが少しあまくて失点した場面があったがそのあとは切り替えていい試合をしてましたが決定力が少しないように見えた試合でしたがそれでも積極的にシュートを打ってました。
えいちが1対1を初戦外してしまい悔しかったようでシュート練習の時は自ら意識して練習してました。
けんたろう、しきの2トップがとても良かったです。
2人ともキープ、裏の抜け出しが使い分けてました。
ゆうじろうが2試合目をけがで休憩させており3試合目は出れると言ったので出したらけがしてるのに無理をしてると思い途中でかえたら泣いており聞いたらけがの方は大丈夫で替えられたことが悔しかったみたいで僕のミスでしたが、そうゆう気持ちが大事やからゆうじろうには悪いことをしたがいいことやと思いました。
3試合目のはるのヘディングシュートははるも素晴らしかったがそれまでの崩しが完全に相手を崩しての1点で理想の得点シーンでした。

NPO法人吹田南FC 満田

2017年1月22日 (日)

15時40分からのスクール中止のお知らせ

三年生の保護者の皆様

本日の1月22日の15時40分からの川岸下水スクールですが、雨天のため中止にさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

2017年1月20日 (金)

雨天中止連絡


本日の南下水グランドでの低学年スクールは雨天のため中止になりました。
よろしくお願いいたします。

NPO法人吹田南FC 満田

2017年1月19日 (木)

独り言

週中の感想です。
年賀状の抽選がひとつも当たらなかった・・・。
家族で約200枚あって、切手シートが100分の2の確率だから、普通
に考えたら、4枚くらい悪くても2枚くらいシートが当たっても
いいのに。こりゃ今年はこの後、大物の懸賞が当たるな。

今年は新年会が多い。この後、5日間で4回の新年会がある・・。
吹田市サッカー連盟・池野会・キッズ委員会・技術委員会。
最近、忘年会より新年会の方が多いような気がする・・・。
こういう付き合いもクラブ運営には大切な事を家族・スタッフに
理解してもらいたいなぁ~。人と人とのつながりで、情報や機会を
もらったりします。困った時に助けてくれるのも人のつながりです。
新年会に感謝です。俺は今週はすでに2日の休肝日を作った。
戦闘準備です。もう若くないので。ただ戦場に出ると歳を忘れて戦います。

12月に録画したUCLのバイエルンvsアトレチコを観ました。
インテンシティがすごい。プレスの強さ、距離がJリーグとは違うと思う。
アトレチコの守備はガンガン行って組織立っています。それを時折バイエルンの
個やコンビが見ごたえある崩しを入れる。シメオネさんは優秀な監督だと思う。
イメージだけどアンチェロッティさんは、ファーガソン的(これもイメージ)。選手が
気持ちよくプレーできる環境や雰囲気を作り、細かい戦術はコーチがやってる印象。
あくまで印象です。この能力もとても大切だと思います。
クリンスマンさんが監督でレーブさんがコーチの時のドイツのような。これは事実。
シメオネさんはとても細かく戦術練習をしてるような印象です。あくまで印象。
その守備の組織をFKでレバントフスキーが直接決める。あれだけ納めれて、速くて
デカくて、自分で打開できて、FKを直接決めるFWの選手は日本人に例えると・・・いない。
もしかしたら釜本さんかもしれない。現役バリバリ時代を観てないので・・・。
世界のトップレベル。世界基準にはまだ差があると思いました。

先日、山口さんがカンファレンスで話していた、中村俊介の話で、イタリア・
スコットランド・スペインでプレーした俊介に「日本人が一番プレーするのが難しい国は?」
と聞いたら「スペイン」と即答だそうです。普段から1vs1のバトルが激しく、体幹でボール
を奪う体の強さがあるから日本人は通用しない。と答えたそうです。
テクニックの事ではなくて、守備の激しさが違うそうです。
イメージではイタリアの方が激しそうだけど・・・。
スペイン人は大きくないけど、普段から大きい選手と闘う為に、体幹が強い。そうです。
それから5年くらい経ってるので、また変わってくると思うけど。
乾はスタメンだけど、清武は出れてない。2部のCBでレイソルから移籍した鈴木は出てるような
ニュースで観たような・・。日本人は苦戦してます。芝崎がレアルにゴールを決めて、
移籍の話もちらほら出てるけど、何かのメディアでヨーロッパの代理人だったか、
記者だったかが、「芝崎は悪くないけど、向うにはあのくらいのレベルでデカい選手が
ゴロゴロいる。」ってコメントしてた。ぜひ、芝崎には若い内にチャレンジしてほしい。
その壁を打ち破ってほしい。はね返されたら、また次にチャレンジしてほしい。
慣れればできる。その慣れは日常から来る。だから日本の日常を変えないと。
ワンランク厳しい状況で発揮できる技術・奪いきる強さを求めないと。
「本気で日常を変えましょう」

とりとめなく、感じた事を書きました・・・・。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2017年1月17日 (火)

5年生2nd

5年生2ndの試合に行きました。
会場作りも慣れてきたのかどんどん自分たちで、作り分からないことは聞きながらやっており成長が見られました。
アップでは、じんを中心として声をかけながら自分たちでいいアップになるように意識してやっていました。
2試合とも勝ちにこだわりやっておりました。
5年生には、声とラインを上げることが課題と言っており、そうだい・そうまがラインをしっかり上げており
安井はるとは声を出し誰が行くのか、ラインを上げるタイミングを指示していました。
全員が、キーパーが持ったときもらう意識が出来ていて良い試合でした。

NPO法人吹田南FC 満田

2017年1月16日 (月)

独り言

週末の感想です。土曜日は大阪サッカーカンファレンスに出ました。
大阪サッカー協会主催のリフレッシュ研修会です。大阪国際会議場
で約200名のA・B・C級の有資格者を迎えてのカンファレンスです。
登壇して話すのは、専務理事の藤縄さん。日本協会指導者養成ダイレクター
の山口さん。俺。大阪協会技術委員長の星原さん。
俺は、午後の最初の90分を担当しました。「U12をとりまく大阪の育成環境」

今まで、いろんな場所でいろんな対象者にプレゼンしてきたんで、
順番前にそんなに緊張はしなかった。逆にそれがダメだった。と思う。
そういや、そういうパターンは多い。すごく緊張してぎりぎりで開き直って
やる時はだいたい上手く行く。「行けるやろ。」と思ってるような時は
想定外が起きたりする・・・。準備も不足してたんだと思います。
自分では100点満点の50点くらいの出来だった。参加者のアセスメントを
読んでうれしい評価もあったり、辛口のご意見もあったり・・・。
ありがたい事です。
いろんな気づきと学びをしました。自己評価は甘くなりがちです。人に
評価されて気づく事は多いです。
改めて背筋を伸ばして取り組まないとと思った。

終了後、運営をしたスタッフのみなさんとも一緒に親睦会に行きました。
山口さんとはいろんな場所で会いますがあいさつ程度で、そんなに話をした
事はなかったんだけど、いろいろ話をして楽しかった。前JFA技術委員長で
オーラがあるんだけど、そういう方って実際話すと、とても謙虚です。
江戸ギャグでダジャレを連発されてました。江戸の笑は「笑点」の影響を受けてる。
大阪の笑は「吉本新喜劇」の影響を受けてる。文化の違いです。
運営に関わってもらった2種高体連の指導者とのつながりも深まった。
楽しい会でした。前向きパワーをもらいました。

15日は、数年ぶりじゃないかと思います。朝、周囲が雪化粧になってた。
積もってた。大阪の南部は雪が降らなかったようですが、北部は積もりました。
おかげで小学生・中学生ともに朝から試合の活動は全て中止になりました。
そこからは晴れていたので、午後の低学年スクールのみ行えました。
俺はいろいろ事務作業ができた。3年生の練習だけ覗きに行きました。
満田コーチがいい感じで指導してた。岸本コーチも何をすべきかを考えて
子どもに言葉をかけたり、デモをみせたり。いい空気感でやってるな~。
と思った。夜にコーチ会議をしました。みんなの意見を聞いたり、俺の
考えを伝えたり。改めて支えてくれているコーチに感謝しないといけない。
と感じました。「リスペクト(大切に思う事)」
みなさん。ありがとうございます。

宣伝です。吹田南JY体験日。
1月16日・27日・2月6日・17日・22日です。お気軽に~。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2017年1月15日 (日)

試合中止連絡

本日の服部緑地での6年生の試合ですが、昨日の雪の影響でグランドが使用出来ないと主催チームから中止の連絡が入りました。
なので、本日の試合は中止になりましたのでよろしくお願いいたします。

NPO法人吹田南FC 満田

2017年1月14日 (土)

15日コパ秦野2年5年大会中止

明日15日(日)のコパ秦野5年と2年大会につきまして、
寒波襲来と降雪、低気温が予想されていますので、
主催チームから中止の連絡が入りました。

明日の試合は中止になりましたので
よろしくお願いいたします。


NPO法人吹田南FC
事務局

2017年1月11日 (水)

独り言

サッカーノートを読んでの感想です。
久々に6年生のノートを読みました。普段はJYのノート担当です。
まず、「みんなしっかり書いてるな」が印象です。字も丁寧に書いています。
良い習慣・自発になってる選手が多い。
特にヒロムはすばらしかった。驚いた。ハル・シキ・リンタロウなんかも
とても良かった。がっかりするノートは全くなかった。
そういう事を理解できていなかった事に反省です。良い習慣になってる
選手は今後スクスク伸びてほしい。

逆にちょっと違和感を感じた事もあった。淡々と書いてる。個人の事だけ
書いてる。3-1で勝った試合も0-6で負けた試合も同じ熱で書いてる・・・。
「育成年代の勝ち負けは単に勝ち負けでそれ以上でもそれ以下でもない。」
FIFAのセミナーで学んだ言葉です。確かにその通りですが、それ以下に評価
してないでしょうか?20年くらい前の日本の小学生の試合現場はベンチからも
親の観覧席からも、子どもに指示が出たり、審判にクレームを言ったりする事
が日常の風景でした。それが、「そうではないよ。リスペクト。コーチは指導。
親は見守り。レフリーはジャッジする。」そんな発信をJFAが始め、浸透し
今では小学生の試合風景は20年前とは変わって、温かい雰囲気で見守れる
風景が日常に変わりました。それとともに勝ち負けへのこだわりも大きく薄れた
ように思います。6才から12才に成長する過程で、個人とボールから個人と相手・
少人数グループと相手・チーム対チームに発展しゲームを理解して成長する必要
があります。勝ち負けを大人のモチベーションにしてはいけない。ですが、
子どもが自ら勝ちたいと願い、ハードワークする選手に育てないといけません。

「心の炎に火をつける」自分の内側にあるモチベーションが向上の原動力です。
私も「良いコーチになりたい。」「良いクラブにしたい。」がモチベーションです。
ピコ太郎が流行ったら、みんな歌い出すように、日本人はちょっと大きく影響
され過ぎな気がします。自分の価値判断より、人の価値判断を気にしすぎるというか・・。
勝ち負けへのこだわりがちょっとずれて理解されている。と6年生のノートを観て
感じた。これは私がコーチに指導できていない所でもあり、指導者のレベルアップは
重要です。そういう視点で観て指導できるようにコーチにも共有したいと思います。

個人のプレーの分析ももちろん大切です。近くのコンビを組むグループとの連携は?
チームとしての出来た事できなかった事、その原因は?勝つ事を目標に試合をしています。
成長する事を目標に試合をしています。バランスをとりながらも勝負にこだわる選手に
育てたい。そのモチベーションが「じゃあ勝つ為にどうする?」と自ら考え、工夫し、
決断、行動する自立した選手に育って行くんじゃないかと思う。
大きな視点(チームとして)と小さな視点(個人として)の2つの目で観れるようにしたい。
どちらも12才には同じくらい大切だと思います。今のうちの6年生には大きな視点がない。
6年生で勝負へのこだわりが薄い選手が中学で急にそこが変わるか?と考えると
難しいと思う。分析で大切なのは「相手(状況)を過大評価もしないし、過小評価も
せず、適切に評価する事だ。」Byオシムさん。試合結果も「それ以上」でもないけど
「それ以下」でもない。今のうちの6年生は少し「それ以下」に評価してるように
ノートから感じた。でも彼らは一生懸命素直に書いています。習慣になってる。
だから我々指導者は責任が大きい。「指導者は選手の未来に触れている」
6年生のノートを観て、教えられ、気づかされました。ありがとう6年生諸君。
やりまっせ~。
満田コーチが伸びてる。責任感が増してきたように思います。
若いのでどんどん吸収します。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎