2014年7月20日 (日)

雨天中止のお知らせ

2、3年生の保護者のみなさま


雨とカミナリもなっておりますので、
本日のスクールは中止とさせていただきます。

週1回コースの方は振り替えてご参加ください。

よろしくお願いいたします。

上野

2014年7月19日 (土)

独り言

Nec_0007

今週の感想です。A級ジェネラル中期で山梨に月曜日から5泊6日で行ってきました。現在は浜松~掛川間の大雨の影響でのぞみが熱海で停車中・・・もう30分になるかな?
そろそろ動き出すと思うけど・・・。
山梨の暑さは尋常ではありませんでした。大阪も暑かったんだろうな。ひたすら指導実践と座学(心理学・栄養・メディカル・社会学)最終日の筆記試験はまぁまぁできました。これは大丈夫だと思う。
もっとも重要な指導実践が・・・。自信を打ち砕かれました。来年に再受講になった方の空き枠も希望してやらせてもらいました。初日の始まる前はそこそこの自信がありました。
1つ目のテーマは「GKを含んだビルドアップの改善」2回目が「積極的に攻撃に行きながらもカウンターを受けない守備の改善」3・4回目が「CFを使った攻撃の改善」。ビルドアップでは上手く前には運ぶも、リスクマネージメントをしていなくて前掛になりすぎて、非改善チームに再三カウンターを浴び、2失点・・・。全体像をイメージせず、テーマにのみ引っ張られた結果です。おまけに全体も観れていない。その気持ちを引きずりながらの2回目で、ここでもコンセプトを落とし込めず・・・・。どころか前提条件の積極的な攻撃に関する具体的提示もできてなかった・・・。前半の2回の実践の出来は自己評価でもともに0-3の完敗という所でしたでしょうか・・・。30人の受講生が半分のグループになって、それぞれに10人ほどの大学生が入って、指導実践と実技役を行います。前期とは違うグループになり、前期にはそれほど知らなかった方々ともグループになりました。

大阪で声のでかい奴・おもしろい事を言う奴・目立つ奴が偉いと考えられている文化圏にいると物静かな控えめな方ですごい人がいると驚く。いろんな方とつながりができてありがたい事です。

11人全員の戦術行動・ピッチ全体を観る・それぞれの場面での戦術的コンセプト・・・・
スモールサイドゲームでスモールグループを観ていたらいいのではない。A級ジェネラルで求められるレベルの高さと自分の指導力の低さを改めて痛感しました。俺は観えている範囲がまだまだ狭い。結構みんなインストラクターにダメだしされるんだけど、それでもやはり実技レベル・指導レベルは高いな。と思います。できる人達が集まってる。中にはレベルが抜けちゃってて「こういう人がS級とってトップの監督になるんだろうな。」って人たちもいます。翻って俺は・・・トークで笑いはとれるけど・・
自分の考えの甘さを改めて反省です。心のどこかで甘く考えてたのかな。準備も不足していたと思います。前期にそこそこできた過信もあった・・。

3回目は監督役とコーチ役で2人組みがそれぞれ4回目と入れ替わって行いました。2日前の失敗を繰りかえさまい。と監督役の俺とコーチ役のFさんと入念に打ち合わせをして望むも・・出来を勝ち負けで評価するとなんとか引き分けかな。くらいの出来でした。自己評価なんで、実際は負けかもしれん。いや多分負けかな。4回目は俺はコーチ役。3回目よりはよかったし、監督役のFさんの方が俺よりコンセプトを落とし込んだ。と思います。まぁ今回が後期なら、俺は間違いなく落第で追試です。ただ、3回目は自分の持ってる力は出せた。たんに俺の指導力が足りないだけです。そんなこんなであっという間に5泊6日がたちました。もう夏休みです。我が家の子どもたちも昨日成績表をもらってるだろうけど、帰って息子の成績が悪くても、「次がんばれ。おまえならできる。」と自分に言い聞かせるつもりで声をかけてやろう。

後期に向けて、大きな課題が出来ました。自分の力のなさに気づけました。感謝です。今は自信喪失と不安しかない。でも、今までいつもそういう集団に入って食らいついて何とか今があります。やりまっせ~。スアレスばりのガブリで食らいつきます。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2014年7月13日 (日)

独り言

週末の感想です。
土曜日は午前中にJY・U13・14のTrをして、午後はアドバンスリーグに帯同しました。
住吉大社FCに6-0勝利。前半1-0リードで相手に押し込むも、カウンターを何度も受ける。攻撃時にカウンターを受けないリスクマネージメントが足りません。相手のキーになる1.5列目の選手を攻撃時にもケアしておくように指示して、後半はカウンターを受ける回数は減りました。後半2点目をとった直後の1分後に3点目をとって試合はほぼ決まりました。相手が2点目で気落ちした所で決着をつけれましたが、その数分前に1-0リードからGKと1対1のピンチがありました。それでゴールを決められていたら違う展開になっていたと思います。ほんのちょっとで試合を失ったり、引き分けになったりします。それがリーグ前半戦で裏目に出て勝ち点を伸ばせなかった吹田南の展開でした。後半戦は3連勝です。いい流れですが、ネガティブ要素の気持ちで試合に入っても難しいけど、いけいけで相手を軽く見て入ってもいけません。試合までのTrしてきた事を試合で緊張と緩和のちょうどいいバランスで選手を送り出すのは、本当に「難しい。」といつも感じます。中学生の子どもと大人の間のメンタリティ・・・。小学生を指導するのはこの点はめっちゃ楽です。子どもは疑いがない。だから逆に大人・コーチの責任は大きい。間違った事、偏った事もそのまままっすぐに受け取ります。日々、失敗と成功のせめぎ合いです。

日曜日は、雨の微妙な天気でしたが、何とか4種リーグ・小学生スクール・JY交流戦とすべて中止にせず行えました。私は小学生スクール準備からJY交流戦に帯同しました。U14ソルセウとのゲーム。0-1・1-3の2敗でした。全般的な内容は良かった。力は出していたかと思います。コウイチロウはよく考えてプレーしています。ユウマも計算できる選手です。力を出すアベレージが高い。そういう部分はタツアキと似ている。コンヒョンは観ていて「上手い」と感心もしますが、守備に責任感を持つのがまだらです。中3のゲームに出ている中2の選手はよくやってる選手と物足りない選手がいます。(手を抜いてる、もしくは見下してる)「いつでも、どこでも、どんな状況でも」全力ファイトの重要性を伝えました。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎


2014年7月10日 (木)

雨天中止のお知らせ

吹田南の皆様
お世話になっております。
7月10日木曜日の下水グランドでの2年生、1年生、園児のスクールは、雨天中止になりました。
週一回コースの方は、後日振り替えにてご参加ください。
よろしくお願いいたします。

独り言

週中の感想です。
火曜日はクラブはオフです。出稽古に行ってきました。近隣のJY町クラブの練習を指導させてもらいました。それをS級ライセンスを持ってる大阪のチーフインストラクターの松島さんに観てもらって、自分の指導を評価してもらいました。とても有意義でした。自分ではしっかり準備して85点くらいはあるかな?の出来栄え。松島さんの評価は、いろいろ指摘してもらいました。目からウロコの指摘でした。とても大きな学びと気づきがありました。全体像からの逆算、森も観て、木も観る。コンセプトを落とし込む方法。トレーニングプランの作り方・・・。解ってるつもりだったけどできていない事に気づけた。
お金払わなあかんのちやうか?やっぱりこの人すごい。と思いました。私はプロサッカーコーチですが、プロがプロに感心する。「さすがや~」と思わせるのがプロフェッショナルと思っていますが、「さすが」の上の「えげつない」と感じました。
松島さんは元ガンバ大阪のプロ選手で引退後指導者の道に入り、S級までとって今は岡山県の吉備国際大学の監督をしています。

自分がクラブの代表をしていると、他のコーチの指導を改善したり、指導法を指導したりはしますが、自分が指導される場面がありません。肩書と年齢と顔面のいかつさで他の指導者からも指摘される場面がほとんどないです。だから自分から出て行かないと、その機会に恵まれません。
物事を理解し、獲得するにはインプットとアウトプットの連続です。選手は指導され、プレーしてインプットとアウトプットが両方あります。指導者は指導する事でアウトプットはしますが、インプットする機会はあまりありません。だから言ってくれる人は貴重だし、自分から学びにいかないと・・・。

ちょっとずれてた部分、忘れていた部分を修正してもらいました。なんかめっちゃすっきりした。指摘された事が「すっと落ちました。」こんな風に俺も伝えれたらいいな。と思います。
元プロ選手でも指導者に向いていない人はたくさんいるし、選手キャリアがなくても良い指導者もたくさんいます。でもやっぱり元プロ選手で良い指導者になる観察眼と人柄を持ち合わせた人は「えげつない」「かなわんな。」と思いました。少しでも追いつけるようにこれからも努力したいと思いました。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2014年7月 7日 (月)

おかやまコーチ

6年、ライオンズクラブ杯、三島スポーツ少年団大会
7月5日土曜日
北千里高校、福井運動広場
ライオンズクラブ杯
吹田南2ー2フォスター
三島スポーツ少年団大会
吹田南4ー1摂津FC
吹田南3ー0山田くらぶ
前回の三島スポーツ少年団大会の反省からシュートを低く打つ意識と100%の力で打たずに、インパクトの瞬間だけ力を入れる事を意識しました。選手逹もしっかり意識してプレー出来ていました。
これを続ける事が大切です。
5年、4種リーグ
7月6日日曜日
吹田第六小学校
吹田南1ー3桜丘Smile
吹田南2ー1アバンティー八尾
1試合目は左ハーフからトップへの縦パスが入って先制点を決めました。
しかし、中盤の選手がボールをもった時に前にパスを出す所がないと判断して、ボールをキープしているのを奪われて失点しました。
試合後に前にパスを出す所がない時は、横はなかったか、後ろはなかったかを確認する事を話しました。
2失点目、3失点目は、左サイドを崩されてからのクロスを上げられて、右サイドで決められています。
崩された選手、決められた選手に責任があります。
2試合目は、1試合目の反省が活かされたゲームでした。
課題が出れば修正して、良いプレーは続けて、成長して行きましょう!

雨天中止のお知らせ

吹田南FCの皆様
お世話になっております。
7月7日月曜日の下水グランドでの6年、5年、4年、3年生のスクールは雨天中止になりました。
よろしくお願いいたします。

独り言

Dscn2608

週末の感想です。土曜日はJY・U15アドバンスリーグに帯同しました。レオ2ndとのゲーム。3-1勝利。写真は3種名鑑の集合写真用に当日撮ったものです。試合前に一番考えたのは、ネガティブなメンタリティをとる事。接戦を落としたり、強豪に善戦するも敗退したりで勝ち点がのばせていなかったけど、試合内容で悪かったのはTIAMO戦と東大阪朝鮮中学校戦の前半だけで他ではやれてる。上位チームにも大差にはやられていない。戦えているので最後まで自信をもって、前向きメンタリティで臨む事を伝えました。1点目は練習から取り組んだビルドアップからのきれいに崩しました。GKから6本パスをつないでユウジロウがミドルシュートを決めました。練習が出た。うれしかった。後半にもコウスケがPKで2点目・サトミが3点目を決めて快勝しました。相手はうちより順位は下位クラブでしたが、何より力を出し切れて快勝したのは選手に自信を持たせると思います。コウスケの得点間隔が短くなってる。1試合1ゴールくらいのペースになってきた。

夜は池野会。3種中体連の大御所の仲間が集まる楽しい会です。佐井寺中学校は今年の全中予選で中央大会に勝ち上がっています。そこを勝ち上がる為の準備の逆算の話なんかは、とても参考になります。まぁ細かい準備と根回しをします。池野先生は中体連の全国大会に3回出場していて、1回は南千里中学校で全国優勝しています。その後も大阪の中体連の強豪チームを作り続けていますが、昨年の佐井寺中学校は久々に全国大会を狙えるチームだと自信を持っていて取り組まれましたが、残念ながら敗退しました。
吹田南の1期生はそのチームと去年の全中予選前にがちんこ勝負をして去年2-0で勝ちました。勝負にこだわる先生なので、今だに、「おまえんとこには去年負けたけど・・・」ある意味その勝ちで吹田南をとても認めてくれています。8月に新チームでがちんこ勝負の約束をしました。去年はU13リーグで同じブロックでした。ただの交流戦なんだけど、とても楽しみな試合です。

日曜日はAMにU13・14の交流戦に帯同しました。U13はSWORDに4-3勝ち。U14の試合前に山田コーチに任せてU15アドバンスリーグに移動しました。八尾大正戦。現在1分けで7戦全勝しているブロック首位クラブです。「やや押されても十分勝負はできる。」1対1で「はがす・ずらす」が上手い好チームでした。結果はコウタロウのゴールで1-0勝利。選手はよく戦いました。土・日の公式戦で2連勝の勝ち点6獲得は余韻にひたりたくなります。雨でずぶぬれになったけど心地よかった。2巡目の対戦に入っていますが、1巡目で落とした相手にはしっかり勝ち切る勝負をしたいと思います。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

2014年7月 3日 (木)

雨天中止のお知らせ

吹田南FCの皆様
お世話になっております。
3日木曜日の下水グランドでの2年生、1年生、園児のスクールは雨天中止になりました。
週一回コースの方は、振り替えにて後日ご参加ください。
よろしくお願いいたします。

独り言

週中の感想です。
率直に今回のワールドカップには好ゲームが多いと思います。ハイライトとかの番組も多くて、日本代表は好結果を残せなかったけど、2014年W杯をきっかけにサッカーを始める子は多いんじゃないかと思います。サッカーを日本の文化にするぞ。

さて、最近起こったいろいろについて、代表監督が早々決まりそうです。ザッケローニの時は早く動かないから、何人も断られたりした。とかスペインスペインとか言ってイタリア人を連れてくるのか?とか批判がありましたが、アジア杯で勝つととたんに静まりました。今回は早く決まると、それよりも日本サッカーの目指す方向性を先に決めろ。とか総括もせずに次の人を決めて。とか批判が出ます。批判が成長させてくれるんだけど・・・。そういう人はJFAが出してる指導指針をきっちり読んだ事があるのかな?と思う。ネットに出ている事を鵜呑みにして、楽に入ってくる情報を頼りに自分の意見か、人の受け売りか・・・そんな意見も多いように思います。そんな批判も受けて、自分達の方向性もしっかり見て、日本でサッカーが文化になる。日本のサッカーと言えば。と世界の他の国がイメージできるようになるような時代を作りたい。と思います。

兵庫県の県議会議員の政務調査費の問題が出ていますが、あの人のパーソナリティの問題もあるけど、そもそも領収書を出さなくても通るシステムがおかしい。そんな条件で誰もが聖人君子のようにふるまえるはずはない。あの問題に顔・名前出しで追及できる議員がいないのは、大なり小なりつつかれたら自分もホコリがでるからだと思う。それを観ている視聴者も同じです(もちろん私も含みます)。会社でいくら請求しても領収書も不要で上限50万円まで経費としてもらえるなら、ほとんどすべての人が大なり小なりやっちゃうんじゃないですか?税金の納税が自主申告で、どう申告しても一切の罰も法律違反もないなら、国の税収は今の何割になりますかね?
宿題をしなくて何の注意もされず、成績にも反映されないなら子どもは宿題を出しますかね?
やっぱり自分に厳しい事を言ってくれる人・ダメ出しされる機会・怒られる・恥かく・細かい事をつつく人。は自分を戒め、成長させると思います。

自分が言われる機会は肩書と年齢と顔面のせいで減ってきていますので、外に恥をかきに、学びに行きたいと思っています。よいしょされてるぬるま湯にいたらあかんな。と思います。
最近、いくつか「何でやねん!」って切れたくなる事もありましたが、そんな時に「想いどうりに行かないのが人生でだから楽しい。」って考えるようにしています。

サッカーノートを観ていて、中2のコウキはとても良くなっている1か月ほど前に「おまえらのノートええかげんにせえよ。」って追い込んだ1人です。5年生のノートとかを読んでいると、「コーチがこういったんだろうな。岡山がよく言うセリフやな」って感じたりします。子どもは本当に周囲の大人の影響を良くも悪くも強く受けます。改めて責任の大きさを感じます。
「指導者は選手の未来に触れている。」

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎